この記事が気に入ったらシェアしてください

自転車に乗るときは子どもにヘルメットを着用させないと罰則がある!?

この記事が気に入ったらシェアしてください

自転車に子どもを乗せる時にヘルメットを着用させることの注意喚起が始まった

Photo credit: Jens Rost via Visualhunt.com / CC BY-SA

最近は子どもを自転車に乗せる時はヘルメットを被せるのが当たり前のようになってきていると思います。

ただ、子どもがヘルメットを被るのを嫌がって、なかなか被ってくれないという経験をした人も多いのではないでしょうか。

そんな時にふと「そもそも、自転車に乗るときは子どもにヘルメットを着用させないと罰則があるんだっけ!?」という疑問がわいてくる人もいると思います。

そこで、ヘルメットを着用させないと罰則があるのか、法律上どうなっているかについて調べてみました。

スポンサーリンク
広告

ヘルメットの着用は注意喚起のみであり、罰則はない

早速ですが、道路交通法を調べてみると、第63条の11に以下のように記載されていました。

(児童又は幼児を保護する責任のある者の遵守事項)
第63条の11
児童又は幼児を保護する責任のある者は、児童又は幼児を自転車に乗車させるときは、当該児童又は幼児に乗車用ヘルメットをかぶらせるよう努めなければならない。

引用元:道路交通法

「児童又は幼児にヘルメットをかぶらせるよう努めなければならない」、、、難しい表現ですね。笑

要するに、「注意喚起/努力目標であって義務ではない」ということです。そのため、警察に止められて罰金を払うなどの罰則はないということになります。

ちなみに道路交通法における児童の定義は「6歳〜13歳未満」のことで、幼児は「6歳未満」のことを言います。そのため、13歳以上はヘルメットを被るという努力目標もないことになります。

ということは、、、ヘルメットを被らなくてもよい?とは絶対になりません。

安全面を考えるとヘルメットの着用は絶対に必要なのです

自転車死亡事故の約64%が「頭部の損傷が原因」

まず、自転車事故が起きた時には主にどこを怪我してしまうのでしょうか。こちらのグラフをご覧ください。

自転車死亡事故の約64%が頭部の損傷による結果になっている

引用元:交通事故分析レポート

自転車事故で主に怪我してしまうのは、総数としては頭部や脚部が多いです。

ただ、驚くべき数字は死亡事故の約64%が頭部の損傷となっています。約半数以上が頭部の損傷によるものです。

まず、これだけで頭部を守ることの重要性が分かって頂けると思います。

ヘルメットを被らない場合は死亡率が4倍になる

事故が起きた時にヘルメットを被っていた場合と被っていなかった(もしくは脱げてしまった)場合では、約4倍も死亡率が異なってきます。

ヘルメットを被った場合と被らなかった場合、自転車の死亡率は約4倍も異なる

引用元:交通事故分析レポート

上のグラフからも分かるように、ヘルメットを着用していた場合と着用していなかった場合では頭部損傷による死亡率が約4倍も異なってきます。

私は普段着用しているから大丈夫と思っていたのですが、ヘルメットを着用していても脱げてしまうケースもあるようで、とても怖いなと感じました。

なので、子どもには毎回しっかりヘルメットを被るように気をつけないといけないなーと身が引き締まったのですが、どうなったら「しっかりヘルメットが被れている」と言えるのか、調べてみました。

ヘルメット選びで大事なのは「頭囲」と「あご紐の長さ」

ヘルメット選びで大事なのは「頭のサイズ(頭囲)」と「あご紐の長さ」です。

まずは頭のサイズ(頭囲)からみていきます。

頭のサイズをダイヤルで変更可能にする

幼児向けのヘルメットだと、頭のサイズが大きく異なることはないと思います。一度、ヘルメットをかぶってみて、「頭に入らない」もしくは「ブカブカ」以外は大丈夫だと思います。

ここで大事なのはダイヤル式のサイズ調節機能があるかどうかです。ヘルメットの後ろにあるダイヤルを回せば、サイズが調整できるというものです。

ヘルメットにある頭のサイズを調節できるダイヤル

引用:Nutcase

あご紐の長さは指1本が入るぐらいにする

続いて、あご紐の長さです。普通の帽子だと頭のサイズだけ気にすれば良いのですが、ヘルメットの場合はあご紐の長さも重要になってきます。

適切な長さとしては「あごとあご紐の間に、指が1本通るくらい」がよいようです。

これよりも緩くなっていて外れやすいと結局ヘルメットをつける意味がなく、逆にきつくしていると、子どもに痛い思いをさせてしまいます。

子どもは成長するのも早いので、あご紐の長さは定期的に確認する必要があります。また、ヘルメットを選ぶ際はあご紐の長さが調節できるものにしましょう。調節できるものは、あご紐がこのようになっています。

ヘルメットのあご紐を調節できる機能の画像

引用:helmet

まとめ

子どもを自転車に乗せる時にヘルメットを被せないことによって、罰則を受けることはないですが、安全面からは必ずヘルメットを被せた方が良いです。

また、ヘルメットを被せる時は「頭のサイズ」だけでなく、「あご紐の長さ」にも注意して被せてあげてください。

ちなみに、冒頭で書いた「子どもがヘルメットを被ることを嫌がる」とならないように、自転車に乗せ始めた時から常にヘルメットを被らせるようにしておくことも重要です。

もしもの事があっても、子どもは大丈夫な状態にしておくことが、親としての責任ですね。私も気をつけようと思います。

参考:子供用ヘルメットの選び方

(Visited 1,223 times, 2 visits today)
スポンサーリンク
広告
広告

この記事が気に入ったらシェアしてください

もし良かったらフォローしてください