この記事が気に入ったらシェアしてください

子どもが無料で新幹線に乗れるのは何歳まで?家族でお得に乗車する方法まとめ

この記事が気に入ったらシェアしてください

新幹線に子どもが無料で乗れる年齢

子どもと一緒に新幹線に乗る時、あれ?無料って何歳までだっけ?とか、自由席って座らせていいんだっけ?と思うことがあると思います。

新幹線は小学生になるまで(6歳まで)は、無料で乗ることができます。ただ、乗り方次第では子どもの年齢的には無料でも、有料になってしまうことがあるので注意が必要です。

子どもを新幹線に乗せる方法について正確に覚えて、快適に旅行しましょう。

スポンサーリンク
広告

子どもが新幹線に無料で乗れるのは何歳まで?

新幹線の料金設定は以下の区分で料金が決められています。

区分料金
大人12歳以上(中学生以上)大人運賃
子ども6歳~12歳未満(小学生)大人運賃の半額
幼児1歳~6歳未満(小学生未満※)無料
乳児1歳未満無料

※6歳でも小学校入学前は「幼児」です。

つまり、子どもは6歳まで(小学校入学まで)無料となっています。その後、小学生は大人運賃の半額、中学生からは大人運賃となっています。この辺りは普通の電車と同じですね。

子ども料金で半額になる対象は?

子ども料金は大人運賃の半額です。ただし、半額となるのは乗車券と特急券のみです。グリーン券、グランクラス、寝台券、乗車整理券、ライナー券は「おとな」と同額です

新幹線の自由席、指定席、グリーン席、グランクラス席に乗った時の子ども料金をまとめると、こんな感じです。

①自由席に乗った場合
乗車券  + 自由席特急券
(大人の半額 + 大人の半額)

②指定席に乗った場合
乗車券  + 指定席特急券
(大人の半額 + 大人の半額)

③グリーン車/グランクラスに乗った場合
乗車券  + 指定席特急券 + グリーン券/グランクラス券
(大人の半額 +  大人の半額  +  大人と同額

POINT

子どもを新幹線に乗せる場合の料金パターンまとめ

乳児や幼児は基本的に無料で新幹線に乗れますが、乗り方次第では有料になってしまいます。まずは乳児や幼児が有料(子ども料金が必要になる)ケースを説明します。

(1)「おとな」または「こども」1人に同伴される「幼児」の人数が2人を超える場合(3人目から「こども」の運賃・料金が必要です)

(2)「幼児」「乳児」が1人で指定席、グリーン席(自由席グリーン車を除く)、寝台等を利用する場合

(3)「幼児」が単独で旅行する場合

引用:JR東日本公式HP

これはJR東日本の公式HPにある情報です。

この前提のもと、子どもと自由席に乗った時と指定席に乗った時の料金パターンをまとめてみました。

新幹線の自由席の場合

子どもを新幹線の自由席に座らせる場合の料金パターンは以下の通りです。

新幹線自由席の子どもの乗せ方毎の料金パターン

自由席の場合は、大人1人に対して、幼児(乳児)2人までは席を確保してもお金がかかりません。そのため、平日の昼間の人が少ない時に、子どもと自由席に乗ると安く快適に帰省できます

なお、大人がなしで幼児1人で新幹線に乗った場合は自由席でも子ども1人分のお金がかかるようです。まー、新幹線に一人で乗れる幼児は少ないかなと思いますが。笑

新幹線の指定席の場合

続いて、新幹線の指定席に乗った場合です。

新幹線指定席の子どもの乗せ方毎の料金パターン

指定席の場合は席を確保すると、必ずお金がかかります。乳児もしくは幼児を膝の上に乗せた場合のみ、お金がかかりません。ただし、それも2人までです。3人目以降はお金がかかります。とはいえ、3人も膝に乗せられる人はいないと思いますが。。笑

新幹線の自由席ではマナーを守る必要あり

これまでの説明の通り、新幹線の自由席については多少条件はあるものの、「乳児」や「幼児」が1つの席を使っても無料になります。

ただ、新幹線が混雑していて、満員の自由席で立ち客がいる場合はマナーとして子どもを膝に乗せる等の配慮がいります。このマナーについては車内アナウンスで流れたり、車掌からお願いされることもあるようです

そのため、平日の昼間に新幹線の自由席に「乳児」や「幼児」が1つの席を無料で使うのは問題ないと思いますが、年末年始などの繁忙期は配慮が必要です。

(Visited 771 times, 2 visits today)
スポンサーリンク
広告
広告

この記事が気に入ったらシェアしてください

もし良かったらフォローしてください