この記事が気に入ったらシェアしてください

Macのセルフタイマー機能で一定時間後のスクリーンショットを撮る方法

この記事が気に入ったらシェアしてください

Macのスクリーンショットをセルフタイマー機能で撮影する方法

Photo via VisualHunt.com

Macでは簡単にスクリーンショットを撮ることができますが、「何かを操作している時のスクリーンショット」や「ボタンを押した時のスクリーンショット」等はなかなか撮影しづらいと思います。

そんな時に役立つのがMacに標準で搭載されている「グラブ」というアプリケーションです。

このグラブというアプリケーションは撮影ボタンを押下した10秒後に、スクリーンショットを撮ることができます。

今回はこのグラブの使い方についてご紹介いたします。

スポンサーリンク
広告

Macでスクリーンショットを撮る方法

Macスクリーンショットを撮るのは非常に簡単です。以下いずれかの方法でスクリーンショットを撮ることができます。

  • 「command」+「shift」+「4」(範囲を指定して撮影)
  • 「command」+「shift」+「3」(画面全体を撮影)

ただ、上記の方法の場合、「何かのボタンを押した状態の画面を撮影したい」と思っても撮影できないのが難点です。

例えば、「option」キーを押した状態の画面を撮影したいと思っても、スクリーンショットを撮るためには「command」+「shift」+「4」を押下する必要があるため、「option」キーから手が離れてしまいます。

グラブを使って一定時間後のスクリーンショットを撮る

セルフタイマーで一定時間後にスクリーンショットを撮るためには、「グラブ」というアプリケーションを利用します。

まずは「アプリケーション > ユーティリティ > グラブ」を選択します。

macでグラブを選択する方法

次に左上のメニューバーから「取り込み > タイマー」を選択します。

取り込みからタイマーを選択する

すると、「タイマーを開始」ボタンが表示されます。このボタンを押下すれば、撮影開始です。この10秒後にスクリーンショットが撮影されます。

セルフタイマーの開始ボタン

この画面になれば、タイマーが開始されています。

タイマーが開始された状態

このグラブの機能を使って撮影出来る画像は、画面全体のスクリーンショットのみです。

画面の一部を撮影したいという方は、画面全体のスクリーンショットから切り抜いて使う方法が良いです。

(Visited 64 times, 1 visits today)
スポンサーリンク
広告
広告

この記事が気に入ったらシェアしてください

もし良かったらフォローしてください