この記事が気に入ったらシェアしてください

これで電池長持ち!モバイルルータのスリープ機能設定方法

この記事が気に入ったらシェアしてください

sumaho_saralyman

モバイルルータを持ち歩いている方で、電池の消費が気になる方はいらっしゃいませんか?

一日中外出した日の夜に帰りの電車を調べようとしたら「あれ?ルータの電池が切れている!」なんて経験した方も多いのではないでしょうか。

一日中スマホを触っていたわけでもないのに、電池がなくなっているのはつらいですよね。

そんな方にはモバイルルータのスリープ機能を設定することをオススメします。

スリープ機能をうまく使うことで電池を長持ちさせることができます。

今回は「モバイルルータのスリープ機能とは何か」、「スリープ機能の設定方法」の2点を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告

モバイルルータのスリープ機能って何?

mobile_sleep

モバイルルータのスリープ機能とは、一定時間モバイルルータが通信しなかった場合、電源は入っているが通信を行わないようにして、モバイルルータの電池消費量を減らす機能のことです。

このスリープ機能は大体のモバイルルータに搭載されている機能です。2017年1月現在で価格コムで人気1位の「Aterm MR05LN」でも搭載されています。

スリープ機能の注意点

スリープ機能は電池消費量が減らせる一方で、スリープ状態では通信が行われないです。そのため、モバイルルータに接続しているスマホでメールやLINEなどの通知を受けられなくなります。

当たり前の話ではあるのですが、その点ご注意ください。

スリープ機能の設定方法(b-moblie Wi-Fi3)

続いて、実際にスリープ機能の設定方法について見ていきたいと思います。

今回は日本通信のモバイルルータ(b-moblie Wi-Fi3)を使って、ご紹介します。

普段、b-mobileのルータに端末を接続させると、以下のように一番右の電波のマークが緑色で点灯します。

ルータへの接続端末あり

この状態からスリープ状態になると、一番右のランプが消えます。

wifi3_router_nihon

スリープ状態を解除したい場合はルータの電波マークのWPSボタンを長押ししてください。

では、このスリープ状態にするにはどうすればいいかの設定方法です。

まずはモバイルルータに接続して、ブラウザのURLに192.168.2.1を入力し、ログインしてください。

日本通信bmobilewifi3のログイン画面

※ちなみに工場出荷時のログインネームは‘admin’、パスワードは‘admin’です。

メニュー画面を開いた後は、アドバンス設定を選択してください。

日本通信bmobilewifi3メニュー画面

その後、Wi-Fi設定を選択すると、スリープ設定の選択ができるようになります。

「enable」を選択すると、スリープがON

「disable」を選択すると、スリープがOFF

日本通信bmobilewifi3スリープ設定

これでスリープ機能の設定が完了です。

ちなみに先ほども書いた通り、モバイルルータがスリープ状態では通信が行われない為、メールが届かないことになってしまいますので、ご注意ください。

私は普段あまりメールがこないのと、たまにメールがきても返事が遅いタイプなのであまり気にしていないです。笑

(Visited 845 times, 1 visits today)
スポンサーリンク
広告
広告

この記事が気に入ったらシェアしてください

もし良かったらフォローしてください