この記事が気に入ったらシェアしてください

iPhoneを格安で使いたいならauの白ロム端末とUQmobileがおすすめ

この記事が気に入ったらシェアしてください

iphone

Photo via VisualHunt.com

iPhoneは未だに根強い人気があり、日本ではスマホユーザの約50%の方がiPhoneを使用しているそうです。

そんなiPhoneをソフトバンクなどの携帯キャリア3社で契約すると、月額料金が7,000円程度かかります。仮に端末代が実質0円だとしても2年間の合計は約168,000円となってしまいます。

「iPhoneを使いたい。でも、SIMフリーiPhoneは高いし。。。とにかくなるべく安く運用したい。」というそんな方にお伝えしたいことがあります。

iPhoneを使うならauの白ロム端末とUQ mobileが一番お得

この組み合わせなら、月額料金を2,000円程度に抑えられ、iPhoneの端末代(iPhone6)を含めても2年間の合計は約80,000円となります。なお、iPhone6sだとしても+10,000円程度です。また、当然ながらiPhoneは新品です。

私は現在この方法で運用しており、かなり快適にiPhoneを利用できています。その実体験も踏まえながら、白ロム端末とは何か、auの白ロム端末とUQ mobileの準備の仕方等について、ご紹介いたします。

スポンサーリンク
広告

白ロム端末とは?格安simとは?

白ロム端末とは

白ロム端末とは、SIMカードが抜かれて契約が解除された端末のことです

SIMカード

auの白ロム端末とは元々auで契約していたが、契約を解除した端末のことです。つまり、白ロム端末は中古品の端末となります。

ただし、新品未使用の白ロム端末も数多く存在します。また、新品未使用の白ロム端末(iPhone)はSIMフリーのiPhoneよりも価格が安いです。

ここで大事なこととして、auの白ロム端末は、auの回線を使った格安SIMを差し込むことで、通常の携帯電話として使用できます※。つまり、auの白ロム端末にUQ mobileを差し込むと通常の携帯電話として使えるというわけです。

※厳密にはUQ mobileが動作保証した端末に限られます。詳細はUQ mobileのホームページを御覧ください。

格安SIMとは

格安SIMとは、MVNOと呼ばれる会社が販売する格安料金で利用出来るSIMカードのことです。

そして、MVNOとはdocomoなどのキャリアから回線を借りてSIMカードを販売する会社のことです。docomoなどのキャリアとは違って、回線や販売店舗を持たないため、価格が安く抑えられています。

白ロム端末と格安SIMの準備の仕方

白ロム端末と格安SIMを準備するためには以下2つを実施します。

  • 「auの白ロム端末(iPhone6s)の購入」→約40,000円
  • 「UQ mobileの購入」→約2,000円/月

準備1:auの白ロム端末(iPhone6s)の購入

auの白ロム端末は、「白ロム・中古端末のムスビー」というサイトで購入します。ここではムスビーで「新品未使用のiPhone6sをなるべく安く購入する手順」についてご説明します。

まず、「au iPhone6s ムスビー」で検索して、ムスビーのサイトに移動します。ムスビーのサイトで以下の絞り込みを行います。

  • 並び替えを「安い順」
  • 絞り込みを「SS:未使用」
  • 「取引中を除外」にチェック

ムスビーサイトでの購入手続き

この絞り込みを行った後、最も安いiPhoneを購入するのが良いです。ただ、ここでの注意点は“赤ロム永久保証”しているiPhoneを購入することです。

赤ロムとは、前の契約者が支払いを停滞している端末のことです。赤ロム端末となってしまうと、その端末はモバイル通信ができないようにロックをかけられてしまいます。

また、購入時は白ロムでもいずれ赤ロム端末になるケースもあります。そのため、赤ロムの永久保証を実施しているiPhoneを購入する必要があるということです。白ロム端末を購入する際に注意する点についてはこちらの記事を御覧ください。

白ロム端末を購入してソフトバンクのiPhoneから格安SIMに乗り換えよう
白ロム端末を購入してソフトバンクのiPhoneから格安SIMに乗り換えよう
このサイトではこれまで、ソフトバンクのiPhoneから格安SIMに乗り換える方法について色々と紹介してきました。iP...

なぜauの白ロム端末(iPhone)が良いか

なぜauの白ロム端末が良いか、その理由は2つあります。

  • 端末代が安い
  • SIMロック解除ができる

auの白ロム端末は他と比べて1万円以上安い

iPhoneで格安SIMを運用する方法はauの白ロム端末以外に以下2つの手段があります。

  • SIMフリーのiPhone
  • docomoのiPhone(白ロム)

iPhone6sを例にとって価格を見てみます。白ロム端末は多少、価格が変動するものの、他と比べてauの白ロムiPhone6sは1万〜2万前後安いです

価格
SIMフリーのiPhone6s¥61,800
docomoのiPhone6s(白ロム)¥55,000
auのiPhone6s(白ロム)¥40,000

SIMロック解除ができる

auのiPhoneは契約の有無に関わらず、SIMロック解除することができます。これにより、SIMフリーiPhoneとすることができるため、今後新たな格安SIMが登場した時に乗り換えやすくなります。

また、UQ mobileの格安SIMではSIMロック解除後にテザリングが使えるようになります。(詳細は後ほど)

準備2:UQ mobile(格安sim)の購入

UQ mobileはホームページから申し込むことができます。ただ、ホームページから申し込む前に、エントリーパッケージを楽天などで購入してから申し込んでください。

このエントリーパッケージがあれば、初期費用の3,000円が無料となります。エントリーパッケージ自体は1,000円前後で購入できますので、差額分(2,000円)がお得になります。

なぜUQ mobileが良いか

au系の格安simは他にもありますが、UQ mobileが良い理由は以下3つです。

  • 他の格安SIMと比較して回線速度が速い
  • iPhoneのロック解除後にテザリングが使えるようになる
  • オプションでメールアドレスを使用できる

他の格安SIMと比較して回線速度が速い

UQ mobileは他の格安SIMと比較して回線速度が速いのが特徴です。格安SIMが最も遅くなりやすい昼の混雑時でもUQ mobileはそこまで遅くならない結果が出ています。

また、UQ mobileは「格安SIMアワード2015年の回線速度部門」で最優秀賞を受賞しています。

au系の格安SIMでテザリング機能が使えるのはUQ mobileのみ

これまでau系の格安SIMではテザリング機能が使えていませんでしたが、UQ mobileだけは使えるようになりました。

ただし、注意点としてこのテザリング機能を使うためには「VoLTE対応SIM」を使用している必要があります。そして、「VoLTE対応SIM」をUQ mobileで使うためには、SIMロック解除された端末であることが条件となります。

今回ご紹介しているauの白ロム端末は購入から180日以上が経過すると、契約者でなくてもSIMロック解除ができます。テザリング機能を使いたいという方は、iPhoneをSIMロック解除した後、SIMを「VoLTE対応SIM」に交換すればOKです。

オプションでメールアドレスを取得できる

UQ mobileの場合、月額200円のオプションで「〜@uqmobile.jp」というメールアドレスを取得できます。

無料の「gmail.com」などのアドレスと違い、「迷惑メールにならない」、「プッシュ通知ができる」等のメリットがあります。詳細はこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

iPhoneを安く使いたいなら、「auの白ロム端末+UQ mobile」がおすすめということについてご紹介しました。

「格安SIMを使うには、SIMフリーのiPhoneじゃないとダメ!」と思っている方もいらっしゃいますが、そのような方に是非この方法をおすすめしたいと思います。

(Visited 512 times, 3 visits today)
スポンサーリンク
広告
広告

この記事が気に入ったらシェアしてください

もし良かったらフォローしてください