この記事が気に入ったらシェアしてください

iPhoneのアラームはもう古い!?ベッドタイムで睡眠分析を始めよう

この記事が気に入ったらシェアしてください

ベッドタイム

Photo via AJEL via Visualhunt.com

iOS10からiPhoneの時計アプリに「ベッドタイム」機能が追加になりました。時計アプリは「アラーム」機能が中心でしたが、この「ベッドタイム」機能ではさらに睡眠分析等ができるようになったとのことです。

今回はベッドタイムの機能/使い方をご紹介します。そして実際に私が使ってみて、「使える機能か」についてまとめてみました。

スポンサーリンク
広告

iPhone時計アプリのベッドタイム機能とは

時計アプリのベッドタイム機能はiOS10から新たに追加されました。主な特徴は以下2つです。

  • 就寝時刻を通知する
  • 規則正しい睡眠がとれているかを分析する

就寝時刻を通知する

これまでのアラーム機能は「起床時刻になると音楽が鳴る」というものでしたが、ベッドタイム機能では「就寝時刻を通知する」というのが特徴です。

就寝時刻が近づくと、以下の画面のように「そろそろ寝ましょう」という通知が届きます。

ベッドタイムのアラート機能

この機能を最初に私が見た時は「これだけ!?」と思ってしまいましたが、使ってみると意外によかったです。(使った感想は後ほど)

規則正しい睡眠がとれているかを分析する

ベッドタイム機能では就寝時刻と起床時刻を設定します。そして設定された就寝時刻および起床時刻通りに睡眠がとれているかをグラフで確認できます。

グラフは、起床時刻と就寝時刻の2本の基準線に対して、実際の睡眠時間が棒グラフとして表示されます。

ベッドタイムの睡眠分析

ベッドタイムの画面では1週間分の睡眠分析の結果しか見ることができません。ただ、上記画面の赤枠内をタップすると、ヘルスケアアプリに移動して、1週間より前の情報も見ることができます。

ヘルスケアアプリの睡眠分析機能

ベッドタイム機能の使い方

ベッドタイムの機能は非常にシンプルです。設定する内容はたったの5つだけです。

  • 何時に寝るか
  • 何時に起きるか
  • いつ就寝時刻のリマインダを受けたいか
  • 起きるときの音楽は何が良いか
  • 何曜日のアラームをオフにするか

まず、ベッドタイムを起動します。初めて起動したときはこの画面が表示されますので開始ボタンを押してください。

ベッドタイムの起動画面

続いて、何時に起きたいかを設定します。

何時に起床するか

次に、何時間の睡眠が必要かを設定します。

先ほどの「何時に起きたいか」と、この画面で設定する「何時間の睡眠が必要か」で、「何時に寝るか(就寝時刻)」を決めています。

ベッドタイムで何時間睡眠をとるか

続いて、寝る前のリマインダをいつもらいたいかを決めます。

ベッドタイム就寝時刻のリマインダ

「こんな設定いらない」と思うかもしれませんが、1回設定してみてください。後ほど、使ってみた感想をご紹介しますが、この就寝時刻のリマインダ機能は意外に意味のある機能でした。

最後に、起きた時に聞く音楽を設定して終了です。

ベッドタイムで起床時のサウンド

朝起きて、アラームを止めると以下のように結果が棒グラフで確認できます。

ベッドタイム結果

アラーム音や起床時刻の設定変更方法

一度設定したアラーム音や起床時刻の設定を変更する方法についてご紹介します。

ベッドタイムの画面で就寝時刻と起床時刻のマークを右か左にずらせば、設定が変更できます。

ベッドタイムの起床時刻と就寝時刻を変更する方法

また、アラーム音やリマインダ時刻を変更する場合、まずはオプションを選択します。

ベッドタイムでアラーム音を変更する方法

次の画面でオプション画面でアラーム音(目覚ましサウンド)やリマインダ時刻を変更できます。

ベッドタイムでアラーム音を変更する方法

ベッドタイム機能を使ってみた感想

就寝時刻の通知機能は意外と使える

私は日頃からSleepMeister等の睡眠アプリを使用しているため、このベッドタイム機能には大して期待していませんでした。しかし、就寝時刻の通知機能は意外に良かったです

夜はどうしてもダラダラとしてしまい、時間だけが過ぎることが多いです。そんな時に、ベッドタイムの機能としてiPhoneからの就寝時刻の通知が来ると、「あ、そろそろ寝ないと」と思うことがありました。設定した時は大した機能じゃないなと思ってましたが、いざ使ってみると割と良かったです。

ベッドタイムの仕組みがシンプルすぎて、物足りない

ベッドタイムの仕組みは非常にシンプルで、就寝時刻と起床時刻を記録するだけです。睡眠分析と呼ぶほどの分析はできず、「あ、今日は少し寝るのが遅かったな」という気づきだけでした。

Sleep Meister」や「熟睡アラーム」などの睡眠アプリでもどの時間帯に寝ているかについて確認できます。また、「眠りの深さ(睡眠の質)」や「運動した日はよく寝れているか」等の分析ができるため、ベッドタイム機能に少し物足りなさを感じました。

以下は熟睡アラームの睡眠記録を一覧で見る画面です。

熟睡アラームの睡眠分析

ベッドタイムは電池の消費が少ない

先ほどの感想と逆になりますが、「Sleep Meister」や「熟睡アラーム」などの睡眠アプリでは、睡眠の質を記録できる一方で、電池消費はかなり激しいです。そのため、睡眠アプリは「電源を繋いだまま寝る必要がある」という制約があります。

一方で、ベッドタイムの仕組みは就寝時刻と起床時刻を記録するだけであり、ほとんど電池を消費しません。そのため、電源を繋いだままにする必要はなく、手軽に始めやすいと思います。

まとめ

これまでiPhoneのアラーム機能のみを使っていたという方は、一度ベッドタイム機能を試してみるのは良いかなと思います。少し設定すれば、睡眠時刻の記録を残せるという手軽さがベッドタイム機能の良いところかと思います

実際にベッドタイム機能を使ってみて、「少し物足りないな」とか「もっと深く分析したい」と思ったら睡眠アプリを使うのもありかなと思います。

睡眠アプリでは眠りの深さなど、ベッドタイム機能よりもかなりいろんな情報を取得できます。私はiPhoneユーザは「SleepMeister」、Androidユーザは「熟睡アラーム」をおすすめしています。詳細はこちらの記事を御覧ください。

無料の快眠・睡眠アプリを徹底比較!iPhoneとAndroidのおすすめアプリ
日頃、自分がどの程度睡眠が取れているか気になりませんか?そんな時に使えるのが、眠りの深さや睡眠時間等が記録できる睡眠...
スポンサーリンク
広告
広告

この記事が気に入ったらシェアしてください

もし良かったらフォローしてください