Firefoxのキャッシュの手動削除・自動削除・アドオンによる削除方法

スポンサーリンク
firefoxのキャッシュ削除手順まとめ PC・スマホ
スポンサーリンク

ブラウザのキャッシュとは、サイトの表示速度を速めるために利用されます。

 

一度、閲覧したサイトの画像やスタイルシートなどを一時的にブラウザへ保存し、再度サイトを訪問した際にキャッシュに保存した情報を読み込むことでサイトの表示速度を速めています。

 

そんなサイトの高速化を助けるキャッシュですが、キャッシュを蓄積しすぎると、「サイトの最新情報が表示されないこと」や「サイトの閲覧が重くなること」などの問題が起きます。

 

そこで定期的に、Firefoxのキャッシュを削除する必要があります。

 

本記事では

  • Firefoxのキャッシュを手動で削除する方法
  • Firefoxのキャッシュを自動で削除する方法
  • キャッシュを使用しない方法
  • キャッシュサイズを小さくしてブラウザが重くなるのを防ぐ方法

についてご紹介いたします。

 

Firefoxのキャッシュでサイトの閲覧が重たくなっているなーと感じている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

Firefoxのキャッシュを手動で削除する3つの方法

 

1.Firefoxのメニューからキャッシュを削除する方法

Firefoxのメニューからキャッシュを削除する方法についてご紹介します。

 

まず、Firefoxの右上にあるメニューfirefoxメニューボタンボタンを押下します。

firefoxのメニューボタン

 

すると、メニューが表示されるため、「設定」を選択します。

firefoxの設定メニュー

 

次の画面で、左側のメニューにある「プライバシーとセキュリティ」を選択します。

firefoxのブラウザメニューでプライバシーとセキュリティを選択する方法

 

続いて、少し画面を下にスクロールすると、「Cookieとサイトデータ」の項目があります。

 

こちらの項目で「データを消去」というボタンを押下するとキャッシュを削除することができます。

firefoxのメニューからキャッシュを削除する方法

 

2.Firefoxのアドオンでキャッシュを削除する方法

Firefoxのアドオンでキャッシュを削除するならEmpty Cache Buttonが便利です。

firefoxのアドオンによるキャッシュの削除方法(emptycachebutton

Empty Cache Buttonはインストールすると、ブラウザの設定メニュー横にアイコンが表示されます。

firefoxのアドオンによるキャッシュの削除方法(emptycachebutton

 

このアイコンをクリックすると、キャッシュを削除できます。「Success!」と表示されればOKです。

firefoxのアドオンによるキャッシュの削除方法(emptycachebutton

 

設定メニューから操作するより簡単にキャッシュをクリアできます。

 

3.ショートカットキーでキャッシュを削除する方法

サイトの再読み込み時について、通常の再読み込み(リロード)ではなく、キャッシュを削除した上で再読み込みする方法があります。

これをスーパーリロードといいます。

 

このスーパーリロードにはショートカットキーが用意されています。WindowsとMacのそれぞれのショートカットキーについてご紹介します。

 

Widowsのスーパーリロードのショートカットキー

Windowsでスーパーリロードを行うためには、以下3種類があります。

  • Ctrl + F5
  • Ctrl + Shift + R
  • Shift  + 再読込ボタン

 

Macのスーパーリロードのショートカットキー

Macのショートカットキーは以下、1種類です。

  • Command + Shift + R

 

この方法はあくまで「今開いているページ」のキャッシュを削除するだけです。ブラウザで保存している全ページのキャッシュを削除するわけではないので、ご注意ください。

 

キャッシュを自動で削除する方法

Firefoxでは、Firefoxを終了すると同時にキャッシュを削除するという設定が可能です。

 

Firefoxの右上にあるメニューfirefoxメニューボタンボタンを押下し、「設定」を選択します。

firefoxのメニューボタン

 

すると、メニューが表示されるため、「設定」を選択します。

firefoxの設定メニュー

 

次の画面で、左側のメニューにある「プライバシーとセキュリティ」を選択します。

firefoxのブラウザメニューでプライバシーとセキュリティを選択する方法

 

「履歴」の項目で「Firefoxに」の横にあるメニューをクリックして、「記憶させる履歴を詳細設定する」を選択します。

  firefoxのキャッシュの詳細設定

 

次に、「Firefoxの終了時に履歴を消去する」を選択し、右横にある「設定」を選択します。

firefox終了時にキャッシュを消去する方法

 

次の設定画面で、「キャッシュ」のみを選択し、「OK」を押下すれば完了です。

firefox終了時にキャッシュを消去する方法の詳細画面

 

キャッシュを使用しない方法

Firefoxでキャッシュ使用しない方法もあります。

 

Firefoxの右上にあるメニューfirefoxメニューボタンボタンを押下します。

firefoxのメニューボタン

 

すると、メニューが表示されるため、「設定」を選択します。

firefoxの設定メニュー

 

次の画面で、左側のメニューにある「プライバシーとセキュリティ」を選択します。

firefoxのブラウザメニューでプライバシーとセキュリティを選択する方法

 

次に、履歴の項目で「Firefoxに」の横にあるメニューで「履歴を一切記憶させない」を選択します。

firefoxでキャッシュを保存しない方法

 

選択した直後にFirefoxの再起動を求められるので、再起動を選んでください。

firefoxの履歴設定を変更する方法

 

これで、Firefoxが再起動されれば、キャッシュを使用しない設定の完了です。

 

ちなみに、この設定を行うと、「常にプライベートブラウジングモードを利用していることと同じ」となり、キャッシュだけでなく、サイトの閲覧履歴やCookieやフォームの入力履歴等も保存されなくなります。

 

キャッシュサイズを小さくする方法

Firefoxのキャッシュサイズを小さくしておくことで、キャッシュの入れ替わりが早くなり、最新のWebサイト情報を取得しやすくなったり、ブラウザが重くなることを防ぐことができます。

 

キャッシュサイズを変更する手順は以下の通りです。

 

まず、FirefoxのURLを入力する箇所に、「about:config」を入力します。

firefoxでConfig画面を開く方法

 

「動作保証対象外になります!」の画面で、「危険性を承知の上で使用する」をクリックします。

firefoxでコンフィグ画面を開く時に表示される警告画面

 

検索窓に「browser.cache.disk.capacity」を入力します。

firefoxのコンフィグ画面でフォントサイズの変更項目を検索する方法

間違えて他の項目を変更しないように注意してください。

 

続いて、検索結果の値をダブルクリックしてください。

firefoxのconfig画面でフォントサイズを変更する方法

 

すると、フォントサイズを変更する小画面が出てきますので、値を変更してください。

firefoxのconfig画面でフォントサイズを変更する画面

 

フォントサイズの値の単位は、KBです。初期値は256000(256MB)です。

 

まとめ

Firefoxのキャッシュ削除方法等についてまとめました。

 

今、見ているサイトのキャッシュだけを削除したい場合は「スーパーリロード」を行ったり、ブラウザが重くなってきたなと感じたら手動で削除したり、そもそもFirefoxのキャッシュを使用しない設定にしたり、色んな使い分けができると思います。

 

自分の使いやすいように、Firefoxをカスタマイズしてみてください。

PC・スマホ
スポンサーリンク

関連おすすめ記事

宜しければシェアをお願い致します
運営者プロフィール
jin

「お金、時間、そして家族を大事にしたい」と考えるパパに少しでもプラスとなるよう情報発信しています。睡眠アプリ(SleepMeister)愛用者。ルンバ、ブラーバ、食洗機などの時短家電大好き。

jinをフォローする
ぱぱたす(PaPa+)

コメント

タイトルとURLをコピーしました