この記事が気に入ったらシェアしてください

Appleがついに完全無料化!iWork(Pages,Numbers,Keynote),GarageBand,iMovie

この記事が気に入ったらシェアしてください

appleのiwork等が無料

Apple(アップル)が2017年4月19日、iOS及びMac向けに提供しているアプリケーション「iWork(Pages、Numbers、Keynote)」、「GarageBand」、「iMovie」を無料で公開しました。

これまでは以下の記事の通り、裏技的にiWork製品が無料で使用することができていました

Mac版パワポのKeynoteを無料で入手する方法
Mac版のパワーポイントとして使用されることの多いKeynoteは、2014年10月から対象となるMacに無料で提供されています。 ...

しかし、これからは正式に全ユーザが無料で使えるようになったこともあり、今後Apple製品が広がっていくかもしれません。

スポンサーリンク
広告

Mac/iOSユーザなら誰でも無料に

Apple(アップル)は2013年より新規購入のMacまたはiPhoneなどのiOSデバイスにiWork(Pages、Numbers、Keynote)、GarageBand、iMovieを無料で提供していました。

今後は2013年以前に購入したMacやiPhoneなどのiOSデバイスを含めたすべてのユーザが無料で最新のアプリを利用できるようになります。

Macユーザなら総額9,600円が無料に

iOS版の旧価格は総額4,800円、Mac版の旧価格は総額9,600円となります。これまでは高くて手が出なかったという方にとっては朗報ですね。

【iOS版の旧価格】

【Mac版の旧価格】

無料化の目的は民間企業や教育機関への普及か

今回、Apple(アップル)が無料化した目的は民間企業や教育機関への普及が狙いのようです。

これまではMicroSoftのオフィス製品およびWindows端末が広がってきていましたが、これを機に会社や学校でもMacBookなどの端末を含めたApple製品が広がるかもしれません。

参考 Apple公式文書

各アプリのダウンロードはこちらからどうぞ

【iOS版】

【Mac版】

スポンサーリンク
広告
広告

この記事が気に入ったらシェアしてください

もし良かったらフォローしてください