widthやalignは何て読む?HTML、CSSタグの正しい読み方まとめ

cssの読み方まとめ ブログ運営
スポンサーリンク

HTMLやCSSを書く時に、「これ何て読むの?」と思うタグはありませんか?もしくは、あまり気にせず、実は読み間違いしているケースもあると思います。

 

使用頻度の高い「width」や「align」や「height」なども実は読み間違いしやすいです。

 

「height」をヘイトと読んでいたり、「align」と読んでいたりしませんか?(私はしてましたよ。)

 

というわけで、読み間違いしやすいHTMLやCSSタグについてまとめてみました。

 

誰かに気づかれる前に、是非なおしておきたいですね。参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

HTML、CSSタグの読み方

 

width(ウィズ、ウィヂ)

幅を指定するcssプロパティです。使用頻度はかなり高いと思います。

 

幅を指定するので、ワイド(wide)と読んでしまいそうになりますが、ワイドやワイズではなく、ウィズやウィヂと読みます

 

widthの発音を聞く

 

text-align(テキストアライン)

テキストの表示位置(左揃えや中央揃え等)を指定するのに使うcssです。text-alignも使用頻度は高いと思います。

 

alignはgを発音せず、アラインと読みます。ついつい、アラジンとかアリギンと読んでしまいますよね。(私はアリギン派でした。。。)

 

alignの発音を聞く

 

margin(マージン)

marginはalignとは違って、gを発音してマージンと読みます。marginは境界線(border)の内側の余白を意味するcssです。

 

マルギンではないですよ。

 

marginの発音を聞く

 

padding(パディング)

paddingは境界線(border)内側の余白を意味するcssです。パディングと読みます

 

paddingの発音を聞く

 

hidden(ヒドゥン)

hiddenは、該当の要素を非表示にするタグで、ヒドゥンと読みます

 

「ヒデン」でも「秘伝のタレ」でもありません。

 

hiddenの発音を聞く

 

origin(オルジン、オールジン)

originは、オルジンと読みます。背景の基準位置を指定する「background-origin」などで出てくるcssです。

 

オリジン(弁当)ではありません。

 

originの発音を聞く

 

height(ハイト)

heightはハイト読みます。高さを指定するcssで、使用頻度はかなり高いと思います。

 

ちなみに、ヘイトではないですよ。ヘイトって読んじゃいますよねー、、、(もちろん私はヘイトと読んでました)

 

heightの発音を聞く

 

a href(アンカーエイチレフ)

リンクのhtmlタグとして使われる「a href」は、アンカーエイチレフと読みます

 

aは、「anchor(アンカー)」の略で、hrefは「Hypertext REFerence(ハイパーリファレンス)」の略です。

 

anchorの発音を聞く

 

rgba(アールジービーエー)

rgbaは、RGBAカラーモデルで色を指定する際に使用します。rgbaは文字の通り、アールジービーエーと読みます

 

これは英単語のレベルではなく、正に読み方を知っているかどうかのレベルですね。間違えなくようにしたいですね。

 

none(ナン)

noneは、ノンと読んでしまいそうですが、ナンと読みます

 

noneはCSSプロパティで使用される値であり、多くの場合は初期値となります。

 

ちなみに、nonはノンです。間違えないようにしたいですね。

 

noneの発音を聞く

 

em(エム)

emは、エムと読みます。px(ピクセル)やpt(ポイント)と同じように単位として扱われるcssです。

 

類似のもので、<EM>というHTMLタグがあります。これは、Emphasisの略で、テキストを強調する際に使用します。

 

border-radius(ボーダーレイディアス)

border-radiusは、四角形の四隅をどれだけ丸くするかを指定するcssです。ボーダーレイディアスと読みます

 

ラディウスと読んでしまいそうですが、レイディアスです。

 

radiusの発音を聞く

 

alt(オルト)

altは、imgタグで画像の説明をする時などに使われるHTMLタグで、オルトと読みます

 

ローマ字読みでアルトと読んでしまいそうですよね。altは、「ALTernate(オルターネイト)」の略語で、代理や代役という意味があります。

 

alternateの発音を聞く

 

@charset(アットキャラセット)

@charsetはCSSで使う文字コードを定義するものです。アットキャラセットと読みます

 

ただ、アットチャーセットと読みのも間違いではないです。

 

charは、characterの略でcharacterは文字などの意味がって、キャラクターと読みます。ただし、charのみだと”炭”という意味があって、チャーと読みます。

 

キャラと読み人もいれば、チャーと読み人もいて、意見が分かれているようですね。

 

どちらも間違っていないですが、個人的にはキャラと読んでいた方が安全(キャラと思っている人の方が多い)かなと思います。笑

 

characterの発音を聞く

charの発音を聞く

 

div

divはHTMLのコードに範囲を指定したい時に使うもので、ディブと読みます

 

divは、division(ディヴィジョン)の略です。

 

divisionの発音を聞く

 

コメント