この記事が気に入ったらシェアしてください

ロリポップからmixhost(ミックスホスト)への移行手順と注意点

この記事が気に入ったらシェアしてください

ロリポップからmixhostへの移行手順と注意点まとめ

先日、ロリポップからmixhost(ミックスホスト)へレンタルサーバの移行を行いました。

今回私はWordPressのプラグインを使わずに移行作業を行いましたが、作業は非常に簡単で無事完了しました。

ただし、いくつか注意点がありますので、移行手順と注意点についてまとめてみました。今後、ロリポップからmixhostへ移行しようと考えている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
広告

ロリポップからmixhostへの移行手順について

移行前サーバやDNSなどの環境について

まずは私の移行前のサーバ環境やDNSサーバなどの前提条件についてお伝えします。

  • 移行前のサーバはロリポップ
  • ドメイン(DNSサーバ)はムームードメインで契約
  • DNSサーバはそのままでmixhost(ミックスホスト)に移行

移行方法は全部で3種類

移行する方法は全部で3種類あり、すべてmixhostの公式ホームページで手順が公開されています。

私は上記の中で1番目の「プラグインを使用せずに移行」を選択しました。

プラグインを使用する方法についてですが、それぞれ以下の理由でやめました。

  • Duplicatorはパッケージ作成時にエラーが多発
  • All-in-One WP Migrationはサーバ容量が512MB以上は非対応

プラグインを使用しない方法でも作業自体は簡単で、プラグインを使った場合と大差はないです。

プラグインを使用せずに移行する方法

作業の概要として3つのステップを踏みます。

  1. ロリポップで移行ファイルを取得する
  2. mixhostでサーバを構築し、移行ファイルを取り込む
  3. DNSサーバの設定を変更する

ロリポップからmixhostへの作業概要

ロリポップで取得する移行ファイルとは具体的に何か等については後ほど、詳しく説明します。

まずは作業全体の流れとして「ロリポップでデータを取って、mixhostに取り込んで、ムームードメインの設定を変える」とだけ覚えてください。

作業時間の目安

移行作業は約2時間ほどかかりました。(移行記事は150ほどです)

ただ、主に「移行前のサーバからファイルをダウンロード」と「移行後のサーバへのファイルアップロード」に時間がかかりましたので、ほぼ待ち時間です。

また、正常に移行が完了するまでは記事の更新はしない、できないと思っておいた方が良いです。

事前準備〜mixhostとの契約〜

mixhostの申し込み手順

まずはmixhost(ミックスホスト)のサーバ申し込みを行います。

MixHostのホームページにアクセスし、申し込みを選択します。

mixhostのお申し込みs

初めにサーバのプランを選択します。

mixhostのサーバプランを選択する画面

この画面で現在お使いのドメインを入力しても良いですが、後から追加することも可能です。

mixhostのドメイン取得画面

続いて、注文内容を確認してお客様情報を入力していけば契約完了です。

mixhostサーバのレンタルサーバ契約画面

mixhostの契約期間はロリポップの契約期間と重複するようにし、移行作業に余裕を持たせるようにしてください。

mixhostプランごとのPV数目安について

mixhostでどのプランを選ぶか悩んでいる方は、以下のプランごとのPV数を参考に選択してください。

プランごとにご利用いただけるPV数につきましては、サイトの構成により大幅に変動いたします。
弊社では、快適にご利用いただけるWordPressサイトのPV数の目安につきまして、次のようにご案内しております。

  • エコノミー:50万PV/月
  • スタンダード:100万PV/月
  • プレミアム:200万PV/月
  • ビジネス:400万PV/月
  • ビジネスプラス:600万PV/月

引用 プランごとのPV数の目安を教えて下さい

それではこれ以降、サーバの移行手順についてご説明します。

ロリポップから移行ファイルを取得する

まずは移行前のロリポップから移行ファイルを取得します。実施することは以下2つの手順です。

  • FTPソフトでWordPressファイルを全てダウンロードする
  • ロリポップでWordPressのデータベースをエクスポートする

FTPソフトでWordPressファイルを全てダウンロードする

FTPソフトを使ってロリポップのサーバからWordPressのファイルを全てダウンロードします。

私の場合はFTPソフト(Cyberduck)を使って、ディレクトリ直下のファイルを全てダウンロードしました。

wordpressファイルのダウンロード

このダウンロードに約50分近くかかったと思います。

また、途中で「ファイルが存在しない」などのエラーがありましたが、無視しました。笑(結果的に問題も起きてません)

ロリポップでWordPressのデータベースをエクスポートする

続いて、WordPressのデータベースの情報をエクスポートします。

まず、ロリポップのユーザ専用画面にアクセスします。

左のメニュー「WEBツール」から「データベース」を選択します。

ロリポップの管理画面でデータベースを選択する

続いて、「操作する」をクリックします。データベース名などが書いてありますが、ここではメモする必要もありません。

ロリポップのデータベースを操作する画面

次の画面で「サーバ名」、「ユーザ名」、「パスワード」をメモし、「phpMyAdminを開く」をクリックします。

ロリポップでphpadminを開く方法

先ほど、メモした情報をもとにphpMyAdminにログインします。

phpmyadminへのログイン画面

データベースの画面の左にある「データベース名」を選択した後、画面上にある「エクスポート」をクリックします。

データベースのエクスポート

画面左にある「information_schema」はエクスポートする必要はありません。「information_schema」の下にあるデータベースのみエクスポートしてください。

続いて、エクスポート方法を選択します。ここでは詳細を選択した後、何も変更せずに画面最下部の「実行」ボタンを押下すればOKです。

エクスポート方法は詳細を選択する

これで、データベースのエクスポートは完了です。

mixhostでサーバを構築し、移行ファイルを取り込む

次に、mixhost(ミックスホスト)側のサーバ構築を行います。実施する手順は全部で5つです。

  • データベースを新規に作成する
  • データベース接続情報(wp-config.php)を変更する
  • ロリポップから取得したデータベースファイルをインポートする
  • 独自ドメインを設定する
  • ロリポップからFTPソフトで取得したWordPressファイルをアップロードする

データベースを新規に作成する

まずはmixhostの管理画面であるcPanelにログインします。ログイン後、「MySQLデータベースウィザード」を選択します。

mysqlデータベースウィザードの選択方法

データベースウィザードの画面でデータベースを作成します。

mixhostでデータベースを作成する方法

続いて、データベースを操作するユーザ名とパスワードを決めます。

パスワードは「長さが5文字以上、大文字小文字を混ぜる」など、パスワードとしての強度を高く設定する必要があります。

mixhostのデータベースでユーザを作成します

最後に、作成したユーザに全ての権限を付与すればデータベースの作成は完了です。

mysqlのデータベースユーザに権限を付与する手順

データベース接続情報(wp-config.php)を変更する

次に、ロリポップからダウンロードしたWordPressのファイルのデータベース接続情報(wp-config.php)を変更します。

変更する内容は、先ほどmixhostに新しく作成したデータベース名やユーザ名等です。

ダウンロードしたWordpressフォルダの中にあるwp-config.phpというファイルがありますので以下4点を書き換えましょう。

  • データベース名
  • ユーザ名
  • パスワード
  • ホスト名

なお、ホスト名は「localhost」と設定します。

wp-config.phpの修正方法

各項目の前後に入力するカンマは小文字です。大文字にするとデータベースへの接続に失敗し、サイトが表示されなくなります。大文字と小文字に注意してください。

独自ドメインを設定する

続いて、独自ドメインを設定します。

cPanelのメニューでアドオンドメインを選択します。

アドオンドメインの選択画面

新しいドメイン名の欄に「サイトのドメイン」を入力します。当サイトの場合はikumen-sim.netです。

それ以外の項目は新しいドメイン名を入力すると、自動で入力されます。

独自ドメインの設定方法

ここまでで、サーバの設定とファイルの準備は完了です。これ以降で、mixhostにファイルをアップロード・インポートして行きます。

データベースにインポートする

まずはcPanelのメニューでphpMyAdminを選択します。

mixhostのメニュー画面でphpMyAdminを選択する方法

次にデータベースを選択した後にインポートを押下して、ロリポップのデータベースからエクスポートしたファイルを選択すればOKです。

mixhostのデータベースにファイルをインポートする方法

ロリポップからFTPソフトで取得したWordPressファイルをアップロードする

続いて、WordPressのファイルをmixhostにアップロードします。

まずはFTPソフトを用いて、mixhostのサーバにアクセスしてください。その後、独自ドメインのドキュメントルートに移動します。

デフォルト設定のままの場合はFTPでサーバにアクセスした後、「public_html」を選択します。

mixhostでwordpressファイルをアップロードする方法

その後、独自ドメインに設置したフォルダの直下に全てのWordPressファイルをコピーします。

独自ドメイン直下にWordpressファイルをコピーする方法

なお、「public_html」フォルダにデフォルトで存在するcgi-binフォルダについてはmixhostの公式サポートにも記載されている通り、フォルダ自体を削除しても問題ありません。

ここまででサーバへのデータ移行は完了です。これ以降で移行が正常に完了したかの動作確認を行なって行きます。

サーバ移行後の動作確認方法

hostsファイルの設定変更による動作確認

DNSサーバを切り替える前に、自分のPCだけでmixhostのサーバが正しく表示されるかを確認します。

少し面倒ではありますが、mixhostのサーバでサイトが正しく表示されるかを確認してから、DNSサーバを切り替えた方が安全です

なお、hostsファイルの設定方法についてはmixhostの公式サポートページをご覧ください。

hostsファイルを設定後は以下の観点でサイトを確認してください。

  • サイトのトップページが閲覧できるか
  • サイトの管理画面にログインできるか
  • サイトのトップ以外のページが閲覧できるか

ここで、もしサイトのトップページ以外が404のhttpエラーとなった場合、ロリポップのサーバから「.htaccess」ファイルを再取得し、mixhostのサーバに置き直してみてください。

おそらく事象が解決すると思います。404エラーの原因と対処方法についての詳細は以下の記事をご覧ください。

mixhost移行時にサイトのトップページ以外が404エラーの原因と対処方法
先日、ロリポップからmixhostにサーバを移行しました。ただ、mixhostにデータ移行後、hostsファ...

DNSサーバの設定を変更する

hostsファイルでの動作確認が正常に終わった後、DNSサーバの設定変更を行います。

私はムームードメインを利用しているため、ムームードメインのDNS設定変更方法についてご紹介します。

ムームードメインのDNSサーバを変更する方法

まずムームードメインのサイトにログインします。次に左のメニューで「ネームサーバ設定変更」を選択し、該当ドメインの「ネームサーバ設定変更」を選択します。

ムームードメインでDNSサーバを設定変更する方法

次の画面で「GMOペパポ以外のネームサーバを使用する」を選択し、以下5つのネームサーバを設定してください。

  • ns1.mixhost.jp
  • ns2.mixhost.jp
  • ns3.mixhost.jp
  • ns4.mixhost.jp
  • ns5.mixhost.jp

ムームードメインのDNSサーバの設定変更方法

ネームサーバの設定が反映されるまでは約24時間〜約72時間かかります。

どちらのサーバにアクセスしているかを確認する方法

DNSサーバ設定変更後に、今アクセスしているサーバが「ロリポップ」なのか「mixhost(ミックスホスト)」なのか知りたいという方は、FlagfoxというFirefoxのアドオンがおすすめです。

Flagfoxを導入すると、ブラウザのURL欄に国旗が表示されるように、国旗にマウスを持っていくと、

flagfoxの表示内容

  • ドメイン名
  • サーバのIPアドレス
  • サーバ所在

が表示されますので、どちらのサーバにアクセスしているかを確認することができます。

なお、mixhostのサーバのIPアドレスはcPanelから確認できます。詳しくはこちらの公式サポートをご覧ください。

以上でmixhostへの移行は完了です。

スポンサーリンク
広告

この記事が気に入ったらシェアしてください

もし良かったらフォローしてください

スポンサーリンク
広告