この記事が気に入ったらシェアしてください

SimplicityにおけるLiteSpeedCacheの導入手順、注意事項

この記事が気に入ったらシェアしてください

litespeedcacheによる高速化

今回、mixhostに乗り換えた目的の1つであるサイトの高速化として、LiteSpeedCacheを適用しました。

LiteSpeedCacheを適用した結果、サイトの速度が3倍〜4倍も早くなり、PageSpeed Insightsなどの評価も上がりました

mixhostのサーバを利用している方は絶対LiteSpeedCacheを導入した方が良い!と言いたいところですが、いくつか注意点があります。

この注意点を理解しておかないと、画面の表示崩れやコメントができない等の不具合が発生してしまいます

MixHostではLiteSpeedCacheを代行で設定してくれるのですが、まずはご自分で注意点を理解してから依頼した方が無難だと思います。

今回はLiteSpeedCacheの導入手順に加えて、注意事項についてご紹介したいと思います。これからLiteSpeedCacheを導入しようかなと考えている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
広告

LiteSpeedCacheとは

litespeedcacheのプラグイン

LiteSpeedCacheとはどのようなものかというと、

  • キャッシュを用いた高速化のプラグイン
  • LiteSpeedのサーバのみ使用可能
  • mixhostの公式サポートページでも導入を推奨

MixHostではLiteSpeedのサーバを用いているため、LiteSpeedCacheの導入が可能です。(エックスサーバやロリポップなどのサーバはApacheを使っているため、導入不可)

LiteSpeedCache導入時の注意事項

LiteSpeedCacheを導入時に何点か注意しておくことがあります。自分の管理しているサーバに該当するかを確認してみてください。

他のキャッシュプラグインは削除する

LiteSpeedCacheは他のキャッシュプラグインとの相性が悪いです。他のプラグインが混在していると、モバイル向けのサイトがパソコンで表示されるなどの不具合が発生します。

そのため、W3 Total cacheなどのキャッシュプラグインは削除してください。

コメントの画像認証は無効とする

SiteGuardのプラグインを用いている場合、スパム対策としてコメント投稿時に画像に表示された文字を入力させる機能を用いている方が多いと思います。

コメント欄の画像認証機能

しかし、LiteSpeedCacheをインストールするとこの画像が正常に表示できなくなり、コメントができなくなってしまいます

MixHostのサポートセンタにも問い合わせましたが、有効な対策はないそうです。(キャッシュの性質上、致し方ないところですね。)

そこで、SiteGuardの設定でコメントについては画像認証を無効とし、スパム対策にはAkismetなどのプラグインを用いてスパム対策を実施することをおすすめします

SiteGuardでコメントの画像認証を無効とする手順

SiteGuardによるコメントの画像認証を無効とする手順は非常に簡単です。

まず、SiteGuardの設定画面を開きます。

siteguardの設定画面を選択

続いて、SiteGuardの設定画面で、「画像認証」を選択します。

siteguardの設定画面

画像認証の設定画面で、コメントページを無効にします。

コメントページの画像認証無効化手順

すると、コメント欄のキャプチャ画像が非表示となります。

コメントらんからキャプチャ画像を無効にする方法

なお、スパムコメントの対策はAkismetがしっかり実施してくれます。

akismetによるスパムコメントからの防御

レスポンシブデザインでない場合はEnable Separate Mobile Viewを有効にする

Simplicity2を利用していて「完全レスポンシブを無効」としている場合(レスポンシブデザインでない場合)、LiteSpeedCacheの設定がデフォルトのままだと、モバイル向けのサイトがパソコンで表示されるなどの不具合が発生してしまいます。

そこで、「完全レスポンシブを無効」としている場合はLiteSpeedCacheの設定画面で、「Enable Separate Mobile View」にチェックをつければ不具合は発生しなくなります

レスポンシブデザインになっていない場合のLitespeedcacheの設定方法

画面の表示内容がおかしい場合はキャッシュクリア

私の場合、LiteSpeed Cache導入後に、スマホ画面でSNSボタンの表示内容がページごとに異なるという事象が発生しました。

そんな時はLiteSpeed Cacheのキャッシュクリアを実施してください。

事象はこんな感じで、ページごとにSNSボタンのデザインが変わってしまいました。

litespeedcacheの不具合 litespeedcacheの不具合

これらはLiteSpeedCacheを導入した後に、サイトのカスタマイズを実施するとキャッシュが残ってしまう関係で発生する事象のようです。

そのような場合は、WordPress管理画面の上のメニューにある「LiteSpeed Cache Purge All」を実行してください

litespeedcacheのキャッシュ削除を実行する

私の場合はこの結果、キャッシュがクリアされて事象が解消しました。

cssやphpを編集した時もキャッシュクリア

LiteSpeedCacheを導入すると、style.cssやheader.php等のファイルを修正しても、前のファイルキャッシュがサーバに残ってしまいます。

そのため、cssやphp等のファイルを編集したら、LiteSpeedCacheのキャッシュをクリアして動作確認してください

なお、その際は忘れずにブラウザのキャッシュもクリアしてください。MacのSafariのキャッシュをクリアする方法はこちらをご覧ください。

LiteSpeedCacheの導入方法

続いて、LiteSpeedCacheの導入方法です。といっても単純にプラグインの新規追加からLiteSpeedCacheをインストールして、有効化するだけです。

litespeedcacheのインストール方法

LiteSpeedCacheの動作確認方法

LiteSpeedCacheをインストールした後、実際に動作しているかについては開発者ツール(F12)を使用して確認できます。

まずはブラウザの開発者ツールを開いてください。(開発者ツールはWindowsの場合はF12キー、Macの場合は「option」+「command」+「i」です。)

以下の開発者ツールはGoogle Chromeを用いています。

ブラウザの開発者ツール

続いてサイトのトップページ(当サイトの場合はhttps://ikumen-sim.net)を開き、開発者ツールのNetworkを選択します。

そして、NetWork内でトップページを選択してください。

開発者ツールでネットワークを確認する方法

そして、Headersを開いた後、「Response Headers(応答ヘッダ)」の「x-litespeed-cache」がhitになっていれば、キャッシュが有効となっており、LiteSpeedCacheが正常に動作していることがわかります。

開発者ツールのhttpヘッダ情報

開発者ツールと同じブラウザでWordPressにログインしている状態だと、キャッシュがhitになりません。別のブラウザを用いて動作確認するか、WordPressからログアウトして動作確認してください。

LiteSpeedCacheの導入前と導入後の速度

導入前の速度

導入前のPageSpeedInsightsGTmetrixの速度は以下の通りです。評価が低いわけではないですが、サーバの応答時間が結構遅かったです。

litespeedcache適用前のinsights結果

litespeedcache適用前のGTmetrix結果

導入後の速度

導入後のPageSpeedInsightsGTmetrixの速度です。サーバの応答時間がかなり速くなっていることがわかります。

GTmetrix側の評価は変わりませんでしたが、insigts側はサーバの応答時間が速くなったことにより評価もGoodになりました。

litespeedcache適用後のinsights結果

litespeedcache適用後のgtmetrix結果

離脱率や平均セッション継続時間などにも好影響あり

サーバの応答時間が速くなったおかげなのか、サイトに来てくださった方が検索結果で表示されたページだけでなく、別のページも見てくださるようになりました

その結果、離脱率やページ/セッションや平均セッション継続時間などが改善されました。Googleアナリティクスの具体的な数字は出せませんが、10%近く改善されています。

サイトの高速化の大事さを改めて痛感しました。

まとめ

Mixhostのサーバを利用している方であれば、LiteSpeedCacheは絶対インストールした方が良いと思います

注意点は以下3点です。

  • LiteSpeedCache以外のキャッシュプラグインは全て削除する
  • SiteGuardを導入しているサイトの場合はコメントの画像認証機能のみ無効とする
  • Simplicity2で完全レスポンシブをオンにしている場合は「Enable Separate Mobile View」にチェックを付ける

月額約500円〜でこのパフォーマンスなので、コスパが最も良いサーバはMixhostだと思います。


スポンサーリンク
広告
広告

この記事が気に入ったらシェアしてください

もし良かったらフォローしてください