この記事が気に入ったらシェアしてください

ルンバのバッテリー交換まとめ!交換目安、おすすめバッテリー、交換方法

この記事が気に入ったらシェアしてください

ルンバのバッテリー

ルンバを購入して1年以上経過してくると、徐々にルンバの動きが悪くなってきませんか?

「最近、少し動いたらすぐに止まってしまう」と思ったら、ルンバのバッテリー交換を検討してみてください。

「吸引力が落ちたな」と思う方は以下の記事を参考にしてみてください。

ルンバを自分で分解掃除して吸引力が完全復活!掃除方法と準備するものまとめ
ルンバを動かしても「ゴミがあまり吸い込めてないなー、そろそろ買い替えた方が良いのかな」と思っていた時に、自分で分解掃除ができるという...

我が家もルンバの動きが悪かったのですが、バッテリーを交換するだけで非常に快適に動くようになりました。かつての働き者のルンバに戻ってくれました。

ここで、ルンバのバッテリーはルンバの公式サイトで約1万円します。そこで、バッテリーを購入するなら、ルンバの公式サイトで購入できる純正バッテリーではなく、互換バッテリー(非純正バッテリー)がおすすめです

互換バッテリーと聞くだけで「本当に大丈夫?ルンバは動くの?壊れないの?」と気になると思います。

そこで今回は、「互換バッテリーがおすすめの理由」、「購入時のポイント」、「バッテリーの交換方法」についてご紹介します。

スポンサーリンク
広告

ルンバのバッテリーについて

ルンバのバッテリーとは?

ルンバのバッテリーは長方形の形をしており、ルンバの裏側から取り外しが可能です。意外と重くてしっかりしています。

ルンバのバッテリー

ルンバのバッテリー交換の目安

ルンバのバッテリーを交換する目安は以下のようなものです。

バッテリー交換の目安

  • バッテリーの寿命に近づいてきている
  • ルンバがホームに戻らず、途中で止まる
  • 掃除を開始してもすぐにホームに戻ろうとする
  • 充電エラーが多発する

一番大事なのは「バッテリーの寿命が近づいてきているか」どうかです。

ルンバのバッテリーの寿命

ルンバは、型によって搭載されているバッテリーが異なります。そして、ルンバのバッテリーは、種類によって寿命が異なります。

  • 約6年   :リチウムイオンバッテリー
  • 約3年   :Xlifeバッテリー
  • 約1.5年:ニッケル水素バッテリー

リチウムイオンバッテリーは2015年以降に販売された最新モデルのルンバに搭載されているものです。寿命が6年ですので、今現在、バッテリー交換で悩む時期ではないかと思います。

次のXlifeバッテリーはニッケル水素バッテリーの改良版です。そのため、バッテリーの種類としてはニッケル水素バッテリーと同じであり、互換性があります。

ちなみに、2014年以降に発売されたルンバは「Xlifeバッテリー」が搭載されています。

参考  【完全保存版】ルンバの安い互換バッテリーの選び方と交換手順

純正バッテリーと互換バッテリーについて

ルンバのバッテリーには、ルンバを製造しているiRobot社が作った純正バッテリーと別会社が作った互換バッテリー(非純正バッテリー)があります。

それぞれの特徴について見ていきたいと思います。

ルンバの純正バッテリーは2種類

現在、ルンバの公式HPから購入できるバッテリーは「リチウムイオンバッテリー」と「Xlifeバッテリー」の2種類です。

それぞれの適合機種は以下の通りです。

  • リチウムイオンバッテリー「900シリーズ+885,876,875,680,631」
  • Xlifeバッテリー「800,700,600,500シリーズの全て」

600や500シリーズ等では初めから搭載されている「ニッケル水素バッテリー」は現在販売されていません。

ただ、Xlifeバッテリーとニッケル水素バッテリーは互換性があります。そのため、600や500シリーズのルンバはXlifeバッテリーに交換すれば、引き続き使用できます。

ルンバの型番(シリーズ)の確認方法

ルンバの型番(シリーズ)はルンバの裏に書かれてます。ひっくり返して裏面で確認してくあさい。

ルンバの型番(シリーズ)を確認する方法

上記以外の方法だと、ルンバをいつ購入したかで大体の型番がわかります。こちらのサイトにルンバの生産年が記載されてますので参考にしてください。

互換バッテリーは様々な会社から販売されている

互換バッテリーは様々な会社が販売しており、数も豊富です。

ほとんどが「Xlifeバッテリー(寿命約3年)」、「ニッケル水素バッテリー(寿命約1.5年)」の互換バッテリーです。

リチウムイオンの互換バッテリーもあるようですが、動作不良ありとのレビューがちらほらあるので、避けた方が良さそうです。

純正バッテリーが良いか、互換バッテリーが良いか

互換バッテリーがおすすめ

私が互換バッテリーをおすすめの理由は2つです。

  • 純正よりも割安である
  • 純正よりもバッテリー容量が大きい(稼働時間が約20分長い)

ルンバ純正のXlifeバッテリーは10,000円です。それに対して、Xlifeの互換バッテリーは約4,000〜5,000円で購入可能です

また、純正のバッテリー容量は3,000Ahですが、互換バッテリーは3,500Ahです。500Ah程度の違いですが、稼働時間は約20分も変わってきます

互換バッテリーの選び方

互換バッテリーはかなり種類が多いので注意が必要です。私が選んだ基準は、以下を満たすかどうかでした。

  • 自宅のルンバの適合機種である
  • Xlifeバッテリーの互換バッテリーである
  • 保証期間が1年である

特に大事なのは「保証期間が1年であること」です。

互換バッテリーでも、商品によっては3ヶ月で動かなくなるものもあるそうです。しかし、保証期間が1年となっている商品であれば、もしもの時でも保証されるので安心です。

おすすめのバッテリー

上記の基準を踏まえて、私のおすすめはOrange Lineという会社が販売している互換バッテリーです。

ルンバのバッテリー

この互換バッテリーは500、600、700、800シリーズに対応しており、1年間の保証つきです。

また、amazonでも購入者が多く、評価が高いです。レビューを読むと、星5つが約70%で満足されている様子です。

我が家では760のルンバに入れて動作させています。2日に1回の利用で半年が経ちましたが、今のところ毎日元気に動いてくれています。

参考 ルンバのバッテリー|amazon

故障や相性のリスクを考えると純正バッテリー

バッテリーが液漏れすると、ルンバ本体が故障してしまいます。液漏れで本体が故障した場合、「純正バッテリーなら保証あり」、「互換バッテリーなら保証なし」となります。

参考  ルンバのバッテリーで純正と非純正の違いについて|どっちが良いの?

確かに、バッテリーのせいでルンバ自体が壊れたらとんでもない損失です。バッテリーでケチっている場合ではなくなります。笑

液漏れのようなルンバ自体の故障リスクであったり、互換性バッテリーがうまく動かないなどのバッテリー相性によるリスクを考えるなら純正バッテリーが良いです。

ルンバのバッテリー交換方法

ルンバのバッテリーは、ルンバの裏側から取り出します。ネジを外すため、プラスドライバーが必要です

ネジの外す場所や本数はルンバのシリーズによって異なるため、シリーズごとに交換方法をご紹介します。

※バッテリーの交換はルンバの電源を切ってから交換してください

700/800/900シリーズの場合

700/800/900シリーズの場合、外すネジは2本だけです。ルンバ裏側の上部に付いています。

写真はルンバの760です。

ルンバのバッテリーの位置

カバーを外したらバッテリーに付いているテープを引っ張れば簡単に取り出せます。

ルンバのバッテリー

500/600シリーズの場合

500/600シリーズの場合は外すネジが4本です。

4本のうち1本はエッジクリーニングブラシの中心にあるネジとなります。ネジを外した後はエッジクリーニングブラシも外し必要があります。

ルンバの500,600シリーズのバッテリー交換方法

バッテリーの外し方は700以降のシリーズと同じで、バッテリーに付いているテープを引っ張るだけです。

参考 バッテリーはどうやって外すの?|アイロボット

まとめ

ルンバのバッテリー交換についてまとめてみました。

おすすめは「安くて稼働時間も長い互換バッテリー」です。実際に私も互換バッテリーでルンバを動かしています。

そして、互換バッテリーを選ぶ場合は以下3つのポイントを意識してください。

  • 自宅のルンバの適合機種とあっている
  • Xlifeバッテリーの互換バッテリーである(寿命が3年)
  • 保証期間が1年となっている

なお、バッテリーの液漏れなどにより、ルンバ自体が壊れるリスクを避けたければ、純正バッテリーの購入も検討してみてください。

スポンサーリンク
広告
広告

この記事が気に入ったらシェアしてください

もし良かったらフォローしてください