ルンバのバッテリーは廃棄ではなく、リサイクル!リサイクル方法まとめ

ルンバのバッテリーのリサイクル方法 ルンバ
SponserLink

ルンバのバッテリーを交換した後って「使い終わったバッテリーはどうやって捨てるの?」って悩みませんか?

 

私もルンバのバッテリーを交換した時に、バッテリーの廃棄方法に悩みました。

ただ、実はルンバのバッテリーは廃棄ではなく、リサイクルするよう法律で義務付けられています

 

今回は、実際に私がルンバのバッテリーをリサイクルに出した経験からルンバのバッテリーのリサイクル方法についてまとめました。参考になれば幸いです。

SponserLink

ルンバのバッテリーは廃棄ではなく、リサイクル

 

そもそも、ルンバのバッテリーはどんな種類の電池なのか?

そもそも、ルンバのバッテリーはどんな種類の電池・バッテリーなのか、ご存知でしょうか。

 

ルンバはシリーズごとに電池・バッテリーの種類が異なり、全部で以下3種類の電池に分けることができます。

  1. リチウムイオン電池
  2. ニッケル水素電池
  3. ニカド電池

これらは「二次電池」と呼ばれる電池に分類されます。二次電池とは、繰り返し充電が可能な電池のことで、充電式電池とも呼ばれています。

 

では、この二次電池はどのように廃棄すれば良いのかについてご紹介します。

 

二次電池は法律でリサイクルするように義務付けられている

ルンバのバッテリーのように充電が可能なバッテリーの二次電池は法律でリサイクルするように義務付けられています

 

経済産業省のホームページでも、義務付けられていることが紹介されています。

小形二次電池は、資源有効利用促進法により平成13年4月から、小形二次電池メーカーと小形二次電池を使用する機器メーカーに、回収・リサイクルが義務付けられています。

引用 経済産業省

 

あくまでメーカに対して二次電池の回収・リサイクルが義務付けられています。ただ、一般消費者である我々も二次電池の回収・リサイクルに協力した方がいいですよね。

 

ちなみに、ルンバの公式サイトでは、ルンバのバッテリーの廃棄方法については「お住いの地方自治体に問い合わせてください」となっています。

アイロボットのロボットを廃棄する場合は、責任をもって処理してください。日常のゴミと一緒に廃棄できません。電化製品およびバッテリーの廃棄やリサイクル関する規制は、お住まいの地方自治体にお問い合わせください。

引用 ルンバ公式サイト

 

そして、地方自治体のホームページでは「リサイクルにご協力ください」と書かれているケースが多いです。

例えば、東京都江東区のホームページでも一般消費者となる我々に対する協力を促しています。

ご家庭で使い終わった小形二次電池(充電式電池)は、メーカーによる自主回収・リサイクルが行われています。

電気店などの「リサイクル協力店」に設置された「充電式電池リサイクルBOX」での回収にご協力ください。

引用 東京都江東区

 

つまり、「ルンバのバッテリーは廃棄ではなく、リサイクルする必要がある」というわけです。

 

ルンバのバッテリーをリサイクルに出す必要性はご理解頂いたと思いますが、「バッテリーはそのまま出していいの?」や「リサイクル先はどこになるのか?」あたりが気になってきますよね。

 

これ以降、ルンバのバッテリーのリサイクル方法やリサイクル先についてご紹介します。

 

ルンバのバッテリーのリサイクル方法やリサイクル先

 

ルンバのバッテリーのリサイクル方法

ルンバのバッテリーはそのままリサイクルに出すのではなく、事前にバッテリーの絶縁処理を実施してください

 

絶縁処理とは、バッテリーの電流が伝わるのを断ち切って、他の金属や電池と接触しても出火などが起きないようにする処理のことです。

ゴミの分別や絶縁処理がされていない電池を捨てたことで、ゴミからの出火が起きるケースもあるようです。

 

ルンバのバッテリーの絶縁方法

まずは、ルンバからバッテリーを取り外してください。

 

バッテリーの取り外し方法はシリーズごとに異なりますが、基本的にはルンバをひっくり返して、ルンバの裏にあるネジを外せばOKです。

「500/600シリーズ」はネジを外す場所が4本で、「700/800/900シリーズ」はネジを外す場所が2本です。

 

バッテリーの取り外し方法の詳細は、公式サイト「ルンバ500/600シリーズのバッテリーの交換」「ルンバ 700、800、900 シリーズのバッテリー交換」で動画付きで紹介されていますので参考にしてください。

 

続いて、バッテリーの絶縁処理です。

 

ルンバのバッテリーの裏側には端子部分(赤枠)があると思います。

ルンバのバッテリーの端子部分

 

ここに、セロハンテープもしくはビニールテープを貼ります。

ルンバのバッテリーの絶縁処理方法

 

これで、ルンバのバッテリーの絶縁処理はOKです。

 

なお、絶縁処理方法は、ルンバの公式サイトでも紹介されていますので参考にしてください。

ルンバのバッテリーの絶縁方法

出展 バッテリーの絶縁はどのように行うのですか?

 

ルンバのバッテリーのリサイクル先

ルンバのバッテリーの主なリサイクル先は以下のような場所です。

  • 大手家電量販店(ビックカメラ、ヤマダ電気など)
  • 街の電気屋さん
  • ホームセンター(コーナン、ビバホームなど)

ただ一部、実施していない店舗などもあります。

 

詳細は、JBRCホームページの「リサイクル協力店検索」で探してください。

 

リサイクル協力店に行くと、以下のようなリサイクルBOXが設置されています。

二次電池のリサイクルBOX

出展 JBRC

 

上記場所に絶縁済みのバッテリーを入れれば、OKです。なお、大手家電量販店の場合はリサイクルBOXの場所を自分で見つけ出すのはかなり困難なので、お店の方に場所を聞いてみてください。

 

リサイクルせずに買取ってもらう方法もある

ここまで、ルンバのバッテリーのリサイクル方法についてご紹介しましたが、専門業者に買い取ってもらう方法もあるようです。

 

ルンバをあまり使っていないけど、廃棄することになった」という場合は、バッテリーと一緒にルンバの買取についても検討してみると良いかもしれません。

 

BUY王」という買取サイトではルンバの買取も実施しているそうです。参考にしてみてください。

 

まとめ

ルンバのバッテリーのリサイクル方法についてご紹介しました。

 

ルンバのバッテリーは絶縁処理してから、リサイクル協力店に持ち込めばOKです。

参考になれば幸いです。

ルンバ

関連おすすめ記事

宜しければシェアをお願い致します
運営者プロフィール
jin

妻と娘の3人で暮らしています。
「お金、時間、そして家族を大事にしたい」と考えるパパにとって、少しでもプラスになれたらいいなと思って情報発信しています。宜しくお願い致します。

jinをフォローする
ぱぱたす(PaPa+)

コメント