もしこの記事が気に入ったらシェアをお願い致します。

Sleep Meister(スリープマイスター)の仕組みと使い方を徹底解説

もしこの記事が気に入ったらシェアをお願い致します。

sleep meisterを使ってみた感想と面白い機能の紹介

最近、私はスマホの睡眠アプリで睡眠時間や眠りの深さなどを記録しています。睡眠アプリは数が多いため、色んな睡眠アプリを使ってどれが良いかを試しています。

今回私が試した睡眠アプリは「Sleep Meister(スリープマイスター)」です。

この記事では「Sleep Meister」の使い方、機能の説明に加えて、どのように睡眠時間や眠りの深さを計測しているかの仕組みについてもご紹介します。

また、私が実際に使った感想や他のアプリとの違いを踏まえてSleep Meisterのおすすめポイントについてもまとめました。

「SleepMeisterって何?どうやって使うの?」と思っている方の参考になれば幸いです。

NHKの「ためしてガッテン」でも「スッキリ起きられる方法」としてSleepMeisterの睡眠アプリが紹介されました。
参考 ガッテン|NHK
「しゃべくり007」で渡辺直美さんがSleepMeister(スリープマイスター)をおすすめの睡眠アプリとして紹介しました。
参考  しゃべくり007
スポンサーリンク
広告

Sleep Meisterってどんなアプリ?

Sleep Meisterとは枕元にiPhoneを置いて寝るだけで、睡眠時間や眠りの深さなどを計測してくれる睡眠アプリです。

sleepmeisterのトップ画面 sleepmeister(スリープマイスター)の結果画面

操作は非常に簡単でアラームをセットするだけで、次の日には眠りの深さがグラフで表示されます。

また、SleepMeisterは他の睡眠アプリと比較して、無料版でも機能が豊富というのが特徴です。機能の詳細は後ほどご説明します。

ちなみに、Sleep Meisterは「スリープマイスター」と読みます。スリープメイスターではありませんのでご注意ください。

Meister(マイスター)とは「専門家」や「名人」といった意味なので、「Sleep Meister」は睡眠の専門家アプリといったところだと思います。

Sleep Meisterの基本的な使い方

それでは、Sleep Meisterの基本的な使い方についてご紹介します。

まず、画面をタップして起きる時刻を設定し、緑の「START」ボタンを押します。

sleepmeisterの使い方

すると、以下の画面になりますので、後はiPhoneを枕元に置いて寝るだけです。

sleepmeister(スリープマイスター)でタイマーをスタートさせた後の画面

iPhoneの置き場所ですが、ベッド近くの棚など、ベッドの振動が伝わらない場所に置いても計測できませんのでご注意ください。(計測できない理由は「SleepMeisterの仕組み」でご説明します。)

たったこれだけで睡眠効率が計測でき、以下のようなグラフを見る事が出来ます。眠りの深さがグラフで見れるというのは面白いですよね。

sleepmeisterで睡眠効率を計測した結果

測定結果の項目について

上記の測定結果の項目についてご説明します。

  • 就床時刻
    睡眠効率の計測を開始した時刻(SleepMeisterをStartした時刻)
  • 入眠時刻
    眠りに入った時刻
    (iPhoneの振動から判断)
  • 鳴動時刻
    翌朝のアラームが鳴った時刻
  • 起床時刻
    睡眠効率の計測を終了した時刻
    (SleepMeisterをStopした時刻)
  • 就床時間
    就床してから起きるまでの時間
    (起床時刻−就床時刻)
  • 睡眠時間
    眠りについている時間
    (起床時間ー覚醒時間)
  • 覚醒時間
    就床後に目を覚ましていた時間
    (就床時間ー睡眠時間)
  • 入眠潜時
    就床してから眠りにつくまでの時間
    (入眠時刻−就床時刻)
  • 中途覚醒
    途中で目が覚めた回数
  • スヌーズ
    目覚まし機能でスヌーズが起きた回数
  • 睡眠効率
    就床時間に対しての睡眠時間の割合
    (眠りの深さは関係なし)

上記の通り、かなり細かい項目の値まで計測してくれることがわかります。

アラームの設定方法は「起床時刻の指定」か「睡眠時間の指定」

Sleep Meisterではアラームの設定方法は「起床時刻を指定する」もしくは「睡眠時間を指定する」の2種類があります。

起床時刻を指定する方法

「起床時刻を指定する方法」では何時に起きたいかをセットすると、指定した起床時刻から30分前の間で睡眠が浅くなった時に起こしてもらえます。

この方法では睡眠が浅くなった時に起こしてもらえるため、目覚めが良くなるという特徴があります

ちなみに、この機能はスマートアラーム機能と呼ばれています。

例えば、以下の画面のように、起きる時刻を7時に設定すると、6時半から7時の間の眠りの浅いタイミングでアラームが鳴ります。

sleepmeisterの使い方で、起きる時刻を指定した場合

なお、30分間ずーっと睡眠が深い場合でも指定した時刻には必ずアラームが鳴りますので、ご安心ください。

また、「30分の時間間隔」は10分,15分,20分にも変更できます。

この「30分の時間間隔を変更できる」という機能が無料で使えるのはSleep Meisterの大きな特徴です。

他の睡眠アプリではこのスマートアラーム機能が使えても、「時間間隔は30分固定」もしくは「有料版のみ設定可能」というアプリが多いです。

睡眠時間を指定する方法

「睡眠時間を指定する方法」では、「7時間寝たい」と睡眠時間を決めて寝たいという場合に使用します。

そのため、先ほどのように「睡眠が浅くなった時に起こす」という機能はありません。

ただ、この方法でも眠りの深さや睡眠効率などは、ちゃんと記録されます。

睡眠時間を指定する方法ですが、先ほどの時刻設定画面を長押しします。

sleepmeisterの睡眠時間指定への遷移方法

すると、睡眠時間を指定する画面に変化しますので、何時間寝るかを指定してください。

sleepmeisterの使い方で、睡眠時間を設定する方法

アラーム設定なしで睡眠時間のみの記録も可能

ちなみに、アラームをセットしないで寝ることもできます。その場合は眠りの深さや睡眠効率が記録されますが、アラームは鳴りません。

先ほどの画面で再度長押しすると、アラームなしという設定が可能です。

sleepmeisterの使い方で、アラームを設定せず、睡眠効率を計測するだけの方法

土日など、起きる時間に余裕がある時に使いたい機能ですね。(もちろん、無料です)

Sleep Meisterが睡眠効率を計測する仕組み

sleepmeisterの仕組みは傾きセンサーで出来ている

Sleep Meisterはどうやって眠りの深さや入眠時刻等を計測しているのでしょうか?

それは、寝返り等による身体の揺れをスマホの加速度センサーが検知することで計測しています

寝返り等で身体が揺れている時は眠りが浅い

一般的に、寝返り等で身体が揺れている時は眠りが浅いと言われています。

そのため、寝返りした時のベッドの振動を検知して睡眠効率を計測しているという睡眠アプリは多いです。

参考 : 「寝返り」が、「睡眠段階」のスイッチを切り替える!

私が先日読んだ一流の睡眠という本でも寝返りが頻繁に起きると熟睡が妨げられるという紹介がありました。

寝返りが頻繁に起こると、無意識のうちに熟睡が妨げられて、眠りの質が低下します。

引用 一流の睡眠―――「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略

スマホに搭載されている加速度センサで身体の揺れを検知

入眠時刻等を計測する仕組みは、iPhoneなどのスマホに搭載されている「加速度センサ」が使われています。

加速度センサがスマホの揺れや傾きなどから身体の揺れ(寝返り)を検知し、眠りの浅い・深いを判定して、睡眠効率を計測しているわけです。

そのため、振動が全く伝わらない場所(ベッド近くの机や棚など)にスマホを置いても睡眠効率は計測できませんのでご注意ください。

ちなみに別の記事で人の体温で眠りの深さを見ているという記事を見かけましたが、残念ながらiPhoneには人の体温を計測するセンサーは付いていないです。。。(逆にあればいいなとすごく思いました)

参考としてこちらの記事でiPhoneに搭載されているセンサを確認できます。

SleepMeisterのセンサー感度は変更が可能

上述の通りSleepMeisterでは加速度センサーを使って、睡眠効率を計測しています。

もし、柔らかいベッドなど、振動が伝わりにくい場所で寝ている方は、センサーの感度を強くするなどの調整が可能です。(もちろん、無料です)

センサー感度の変更方法および変更時の睡眠計測の結果はこちらの記事をご覧ください。

参考  SleepMeisterで睡眠効率が測れない時はセンサー感度を変えよう

Sleep Meisterは無料なのに機能が豊富

Sleep Meisterの大きな特徴として、無料なのに機能が豊富という点があります。ざっくり一通りの機能について紹介します。

今日の行動が睡眠に与える影響を分析する機能

睡眠アプリではよくある機能ですが、Sleep Meisterにも今日何したかを記録する機能があります。

今日の行動は以下、6つの選択肢から選ぶことができます。

  • アルコール
  • カフェイン
  • 運動
  • 食事
  • 喫煙
  • 入浴

アプリを開いた画面で緑色のチェックボタンを押して、本日の行動を記録します。

sleepmeisterでの行動メモの取り方

sleepmeisterでの行動メモの記録方法

また、今日の行動が睡眠にどれだけ影響を与えているかは、計測後のグラフで確認できます。

sleepmeisterの分析機能でカフェインによる影響を見る

上記のグラフは赤色が全体平均のグラフで、紫色がカフェインを摂取した日の睡眠結果になっています。

カフェインを摂取した日は、寝付きなどの項目で数値が悪くなる」といったことがわかるようになります。

アラーム音はiPhoneのミュージックからも選択

sleepmeister(スリープマイスター)の音楽設定画面

Sleep Meisterではアラーム音を以下の3つから選択することができます。

  • iPhoneのミュージック
  • Sleep Meisterの音楽(サウンドエフェクト)
  • バイブレーションのみ

多くの睡眠アプリでは「アラーム音をiPhoneのミュージックから選択する」機能は有料になっている場合が多いですが、Sleep Meisterでは無料で利用可能です。

また、予め用意されている無料のサウンドエフェクトも1個や2個の場合が多いですが、Sleep Meisterでは予め用意されている音楽が10種類もあります。

さらに、アラーム音の鳴らし方も工夫されており、フェードイン機能と言って徐々に音楽の音を大きくするといったことも可能です。

「大きな音にしないと起きれないけど、いきなり大きな音だとビックリする」なんて人はこのフェードイン機能は重宝すると思います。

寝ぼけてスヌーズを消しても大丈夫!予備スヌーズ機能

sleepmeisterの予備スヌーズ機能

Sleep Meisterでは予備スヌーズ機能といって、アラームを停止した後にスマホが一定量動かなかったら、もう一度アラームを鳴らすという機能があります。

つまり、「スヌーズを止めた後に、また寝てしまった」なんてことを防ぐための機能です。

スヌーズ自体が一度アラームを止めただけでは終わらないという機能なのに、予備スヌーズまで来ると、もはやエンドレスですね。笑

ちょっと恥ずかしい!睡眠時の寝言やいびきの録音機能

sleepmeisterの寝言、物音記録機能1 sleepmeisterの寝言、物音記録機能2

Sleep Meisterでは睡眠時の物音を録音してくれる機能があります。

この機能は睡眠時にどんな寝言を言っているかがわかりますので、意外と面白いです。私の場合は、ほぼ全ていびきが記録されていましたが。笑

寝言やいびきを録音する機能の詳細はこちらの記事で紹介しています。ちょっと私には用途が分かりませんでしたが、自分のいびきをシェアする機能もありますよ。

参考  Sleep Meisterでいびきや寝言を計測する方法と計測できない場合の対処方法

誰が興味あるの?自分の睡眠をツイートする機能

この機能は思わず笑ってしまいましたが、Sleep Meisterでは「計測開始」「入眠」「中途覚醒」「計測停止」の4つのタイミングでツイートすることができます。

sleepmeisterで自動ツイートする機能

ツイートするメッセージ内容が変更できるなど、細かい設定まで出来ます。

誰が私の睡眠に興味あるの?と思ってしまいましたが、使う方は使うと思います。(もちろん、私にそんな需要はないと思ってますので設定してません。笑)

自動ツイート機能の設定方法やツイート内容の変更方法の詳細は以下の記事をご覧下さい。

参考  スリープマイスターのTwitter(ツイッター)設定・連携方法!

私の睡眠記録は絶対秘密!パスコードロック機能

sleepmeisterのパスコードロック機能

先ほどの睡眠記録を共有するツイート機能と真逆な気がしますが、Sleep Meisterのアプリ自体にパスコードロックをかけることができます。

睡眠記録を秘密にしたい方やシェアしたい方など、Sleep Meisterは色んなユーザのニーズに対応しようとしてますね。

無料でここまで機能が使えるので、素晴らしいアプリです。

実際に使ってみました

で、私もとりあえず1週間使ってみました。

sleepmeisterの一週間の結果 sleepmeisterの一週間の結果

1週間分の結果がグラフで確認できてとても見やすいです。(中途覚醒がたまに起きているのは、SAS(睡眠時無呼吸症候群)のせいかな?と思います。)

「入眠するまでに意外と時間がかかっている」とか「毎週金曜日は睡眠効率があまりよくないな」とかを見直すのに便利です。

また、1日の結果だけを見ると、時間毎の細かい結果も確認できます。

sleepmeisterの一日の結果 sleepmeisterの一日の結果

この日は割と睡眠効率が良かったみたいです。中途覚醒もなく、25分で入眠出来てます。

先ほどの平均と比べて、この日はなぜ良かったのか、行動メモなどから分析すると、睡眠効率の改善に繋がっていきますね。

睡眠効率は85%以上が合格ライン

Sleep Meisterでは睡眠効率を計測できるようになっています。睡眠効率の計算式は「睡眠時間/就床時間(SleepMeisterの計測時間)×100」です。

そして、私が最近読んだ「一流の睡眠」という本では、睡眠効率が85%以上であれば翌日仕事などで良いパフォーマンスが発揮出来ると言われています。

この睡眠効率が85%以上というのはSleep Meisterを用いて睡眠効率を計測した時の一つの目安としていただくと良いかもしれません。

一般的な人が目指すべき睡眠効率の合格ラインは、「85%以上」と言われています。85%以上になると、翌日の明らかな体調やパフォーマンスの変化を実感できるはずです。

引用 一流の睡眠―――「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略

ただ、ベッドの固さやiPhoneを置く場所によって多少のブレはありますので、あくまで目安として考えるのが良いと思います。

運動した日は睡眠効率が良いなどの分析ができる

SleepMeisterを使って最も良かったなと思ったのがこの分析機能です。

今日どんな行動をしたかをメモするのは少し面倒ですが、後の分析に生きてくるので、非常に大事です。

私の場合、運動した日は全体平均と比較して睡眠効率が良くなることがわかりました。赤のグラフが睡眠結果の全体平均で、青紫のグラフは運動した日の睡眠結果です。

sleepmeisterの行動メモによる睡眠への影響確認

このような分析により、「毎日少しだけでも運動しよう」などと自分の生活を見直すきっかけにすることが大事だなと感じました。

何よりこの分析機能が無料なのはSleepMeisterの素晴らしいところです。他の睡眠アプリは分析機能を使おうとすると、大体は有料サービスになってしまいます。

SleepMeisterを使った結果、睡眠の質が良くなった行動などについてまとめました。あわせて御覧ください。

参考  Sleep Meisterから学んだ睡眠の質をあげる5つのポイント

ちなみに、上記の記事でもご紹介していますが、睡眠の質をあげるのに効果的だったのが、「寝る前に目を温める」です。

私は、「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」 を使って目を温めてから寝ています。寝付きが良くなって翌朝の目覚めも全然違うので、重宝しています。

若干高いので毎日は使えませんが、「今日は目が疲れているな」とか「土曜日の夜に使って1週間分の疲れをとる」といった形で使っています。(効果には個人差があると思いますので、その点はご理解ください)

まとめ

実際に使ってみた感想としては、多くの機能があって色々とカスタマイズも出来るし、無料版でも十分に使えると思います

機能が多すぎて、使いづらいかなとも思いましたが、割とインタフェースも見やすく設計されています。

睡眠アプリを使いたいと思っているiPhoneユーザの方にはSleep Meisterがおすすめです。ただ、Sleep MeisterはiPhoneアプリにしか対応していないため、Androidユーザの方は使えません。

Androidユーザの方には「熟睡アラーム」という睡眠アプリがおすすめです。「熟睡アラーム」はiPhoneでもAndroidでもどちらでも使えます。

参考  熟睡アラームが最もおすすめできる無料睡眠アプリと思ってきたので使い方と機能を紹介

その他の睡眠アプリはこちらの記事で紹介しておりますので、参考にしてください。

参考  無料の快眠・睡眠アプリを徹底比較!iPhoneとAndroidのおすすめアプリ

スポンサーリンク
広告
広告

もしこの記事が気に入ったらシェアをお願い致します。

もし良かったらフォローをお願い致します。