UQモバイルの低速モード(節約モード)は使える?速度、切り替え方法などまとめ

UQモバイルの低速モード(節約モード)の速度、モード切り替え方法まとめ UQモバイル
SponserLink

UQモバイルも含めて、大体の格安SIMでは、月に使用できる通信容量が決まっていて、通信容量の上限を超えてしまうと、「低速モード」になってしまいます。

 

ほとんどの格安SIMでは、この「低速モード」がとても遅くて使い物にならないため、「通信容量の追加」などを行う必要があります。

 

しかし、UQモバイルの低速モードは他の格安SIMと違って回線速度が速いです。そのため、普段から低速モードを使うことで、月に使用できる容量を節約することも可能です

 

今回はUQモバイルの低速モードについて、「低速モードの使用感、実際に計測した速度、低速モードへの切り替え方法」などについてご紹介します。

 

UQモバイルに切り替えようかな?と思っている方の参考になれば幸いです。

 

なお、UQモバイルをお得に契約したい方は「UQモバイルの割引、キャンペーンでお得に契約する方法」も参考にしてみてください。

SponserLink

UQモバイルの低速モード(節約モード)とは

 

低速モードは容量無制限で使用可能

UQモバイルの高速モードは最大225Mbpsの速度が出ますが、容量の制限が決まっています。一方、UQモバイルの低速モードは容量無制限で使用可能です

 

低速モードは容量無制限ですが、速度は最大で300kbpsです。

 

同じau系格安SIMのmineoの低速モードは「最大200kbps」であったり、ワイモバイルの低速モードは「最大120kbps」なので、かなり速い方です。

 

低速に感じさせないバースト機能あり

UQモバイルの低速モードには、バースト機能があります。

 

バースト機能とは、低速モードの通信開始時は高速で通信し、Webサイトを一気に読み込んでしまうという機能です。

 

SPEED TESTというアプリを使って、低速モードの速度を計測すると、計測開始直後に高速の通信が行われていることがわかります。

uqモバイルのバースト機能

 

バースト機能がある格安SIMはIIJmioやmineoなど、一部の格安SIMのみです。

 

バースト機能があると、低速モードでもかなり使いやすくなります。「どの格安SIMにしようかな?」と悩んでいる方は、「バースト機能があるか」ということも比較観点の1つにしてみてください。

 

テザリングも利用可能

UQモバイルは低速モードでもテザリングが利用可能です。外出時に、UQモバイルの端末をテザリングして、パソコンを繋げても容量無制限なので安心です

 

実際に「UQモバイルの端末をテザリングして、パソコンを繋げてみた感想」は後述しますが、意外と快適に使えたのでビックリしました

ネット検索やブログ記事の更新程度であれば、ほとんど問題ありません。

 

低速モードへの切り替え方法

高速モードと低速モードはUQモバイルのアプリから切り替えることができます。

 

まずはUQモバイルのアプリをダウンロードして起動して下さい。その後、一番左のメニュー「データ通信」を開いて下さい。

 

「データ通信」の画面右下にある「高速」ボタンを押下して下さい。

uqモバイルで高速モードから低速モードに切り替える方法

 

すると、「節約」という表示に切り替わります。これで低速モードに切り替わります。

uqモバイルで高速モードから低速モードに切り替える方法

 

節約モードの速度

節約モードの速度がどれぐらい出るかについて調べてみました。

 

節約モードの速度の調査方法

節約モードの速度はアプリを使って計測しました。時間帯はなるべく回線が遅くなりやすそうな時間帯を選んでいます。

  • 場所   :東京都内
  • 時間帯  :8時、12時、22時
  • 使用アプリ:「SPEED TEST

 

節約モードの測定結果

節約モードで測定した結果は以下の通りです。

下り上り
8時(1回目)0.26Mbps0.37Mbps
8時(2回目)0.38Mbps0.40Mbps
12時(1回目)0.14Mbps0.16Mbps
12時(2回目)0.20Mbps0.20Mbps
22時(1回目)0.20Mbps0.04Mbps
22時(2回目)0.15Mbps0.14Mbps
参考(8時:高速)11.98Mbps5.69Mbps

 

低速モードとはいえ、下りの回線速度が100kbps以下になることはなく、安定して速いことがわかると思います。

参考に高速モードの速度も計測しましたが、速すぎですね。

 

ちなみに、低速モードの最大速度が300kbpsなのに、このアプリでは最大速度を超えた値を計測したのはなぜですかね 笑

 

節約モードで1週間過ごした感想

UQモバイルの節約モードのみで約1週間過ごしてみました。その時に感じたことをご紹介したいと思います。

 

LINEのトークと通話は問題なし

LINEのトークと通話に関しては問題なく使用できます

 

トークは想定通りでしたが、通話が問題なく使用できたことにはビックリしました。会話も聞こえにくいとかは全くなく、会話出来ました。

 

画像の送信については少し時間がかかりますが、問題なく送信できました。

動画も10秒程度の動画なら何とか送信できました。1分を超える動画は遅すぎるので、送信できないと思った方が良さそうです。

 

時間帯によって回線速度の差が激しい

インターネットは低速モードでも特に問題なく、閲覧できます。

 

ただ正直、朝の通勤時間帯とお昼休みの時間帯は遅いです。初めて格安SIMを触る人やせっかちな人は、この時間帯に低速モードにすると、携帯を投げ捨ててしまうと思います。

 

テザリングが意外と使える

テザリングは意外と使えます。新幹線の中で低速モードのテザリングにてパソコンを利用しましたが、少し遅いなという程度で、ネット検索は普通に利用できました。

(動画はさすがに無理ですが。笑)

 

コツとしては、パソコンでネット検索する時にタブを複数開くようにし、ぐるぐるが終わったページから見始めるような感じです。

 

簡単に切り替えられるので、すぐに高速モードに切り替えたくなる

低速モードがいくら使えるとはいえ、当然高速モードの方が速いです。

 

また、低速モードから高速モードへの切り替えもアプリから簡単にできてしまうため、「容量を消費してもいいから高速モードに切り替えたい」と思ってしまいます。

 

元々は1ヶ月ずっと低速モードで過ごして、次の月は繰越でたくさん高速通信を使用と考えていたのですが、1週間で終了してしまいました。笑

 

まとめ

UQモバイルの低速モードについてご紹介しました。低速モードでも最大300kbpsの速度が出るため、ネットの閲覧やブログ記事の執筆などは問題ありません。

 

しかし、YouTubeなどの動画サイトを見ることや、朝や昼間の混雑する時間帯は高速モードを使用した方が良いです。

 

モードをうまく使い分けて、データ消費量を節約しましょう。参考になると嬉しいです。

UQモバイル

関連おすすめ記事

宜しければシェアをお願い致します
運営者プロフィール
jin

妻と娘の3人で暮らしています。
「お金、時間、そして家族を大事にしたい」と考えるパパにとって、少しでもプラスになれたらいいなと思って情報発信しています。宜しくお願い致します。

jinをフォローする
ぱぱたす(PaPa+)

コメント