この記事が気に入ったらシェアしてください

今さら聞けないUSB-Cって何?USB-AとC、USB2.0と3.0の違いなどについて解説

この記事が気に入ったらシェアしてください

usbの種類と規格

新しいMacBookProにはUSB-Cが採用されたことで、利便性が下がったという声が多く上がっています。

ところでUSB-Cとは何でしょうか。USB-Cは新しい規格なのに、本当に利便性は下がってしまったのでしょうか。

また、USB-Cと普段使っているUSBとの違いは何でしょうか。普段使っているUSBにも、USB2.0やUSB3.0などいろんな種類があります。また、USB-AとかmicroUSBとか、、、何が何だかわからないですよね。

というわけでUSBの様々な種類や規格について整理しました。

スポンサーリンク
広告

USBとは?

USBとはUniversal Serial Bus(ユニバーサル・シリアルバス)という規格の略称です。コンピュータに周辺機器を接続するためのシリアルバス規格の1つです。

昔はキーボードやマウス毎にコンピュータに接続するための規格が用意されていました。それだとかなり大変ですよね。パソコンには、キーボード用の差し込み口とマウス用の差し込み口など、色んな差し込み口が用意されていた。。。昔のパソコンがでかくなってしまうのも納得ですよね。

それら多数の規格をまとめたのがUSBという規格です。

USBには転送速度の規格とコネクタの形状の種類がある

日常生活でUSBと言われると、想像するものはこのようなコネクタではないでしょうか。

usb type-a

これは確かにUSBなのですが、正しくはUSB Type-Aといいます。さらに正確に言うと、USB 3.0 Type-Aです。

Type-AとはUSBコネクタの形状のことです。形状にはそれ以外にもType-BやType-Cなどがあります。また、3.0という数字は転送速度の規格です。転送速度にはそのほかにもUSB1.1やUSB2.0などの規格があり、最新の規格は3.1です。

これ以降、USBの転送速度の規格とコネクタの形状についてご説明したいと思います。

USBの転送速度の規格

発表年転送速度
(Mbps)
USB 1.11989年9月12
USB 2.02000年4月480
USB 3.02008年11月5,000
USB 3.12013年7月10,000

USB 1.1

usb1.1

USB 1.1は1998年9月に発表された規格です。1998年はWindows 98やiMacが登場した年であり、これらのパソコンには標準でUSBが適用されていたことからUSBが大きく普及しました。

ちなみに、USB1.0は1996年1月に発表されていますがあまり普及せず、USB1.1にてUSB1.0の電源管理等を改善しております。

参考 USBIF

USB 2.0

usb2.0

USB 2.0は2000年4月に発表された規格です。USB1.1に、High Speedモード(最大480 Mbps)を追加したのがUSB2.0です。

参考 USB2.0って何?

USB 3.0

usb3.0

USB  3.0は2008年11月に発表された規格です。転送速度が5Gbpsであり、USB2.0と比べて約10倍の速度になりました。

参考 正規認証USB3.0ケーブル

USB3.0の見分け方

USB3.0はUSB1.1/2.0と区別するためにコネクタのソケット部分には青色が使用されています。USBの中を見れば、一目瞭然です。

usb3.0

USB 3.1

usb3.1

USB 3.1は、2013年7月に発表された規格です。USB 3.1は、USB 3.0の「SuperSpeed(転送速度5Gbps)」モードに加えて、「SuperSpeedPlus(転送速度10Gbps)」モードが追加されています。

参考 USB3.1

USBの転送速度は古い規格に依存

USBで最大のパフォーマンスを発揮するためには、USBの接続先も接続元も最新の規格に準拠している必要があります。もし、USBを接続するどちらかの電子機器が古い規格であった場合、USBの転送速度は古い規格の速度に依存します

例えば、パソコンのUSBポートはUSB2.0(480Mbps)の規格で、USBが3.1(10Gbps)だった場合、USBの転送速度はUSB2.0(480Mbps)となります。

USBの転送速度が遅いなと思った時は、差し込む側のUSBコネクタの規格だけでなく、パソコン側(受け入れる側)のUSBポートの規格も確認した方が良いです。

コネクタの形状の種類

USBの種類

引用 ユニバーサル・シリアル・バス

USBコネクタの形状には、いろんな種類のものがあります。大きさや形などが異なるので一見ややこしそうですが、一度覚えてしまえば単純です。

USB Type-A

usbtype-aのコネクタ

パソコンに対して接続する標準的なUSBコネクタです。普段の日常生活で「USB」と言われているのはこの「USB Type-A」を指しています。

USB Type-B

usbtype-bのコネクタ

プリンタなどのパソコン周辺機器に接続するUSBコネクタです。日常生活ではあまり使用しないと思います。

USB Type-C

usbtype-cのコネクタ

USB 3.1と同時期に制定されたUSBコネクタです。AppleのMacBookProで採用されたことで注目されています。

usbtypec

なお、MacBookProではUSB Type-Cのみで少し使いづらいです。そこで、私はUSBハブ「TUNEWEARのALMIGHTY DOCK CM1」を使用しています。USB-TypeAだけでなく、SDカードなども使えて非常に便利です。詳細なレビューはこちらの記事をご覧ください。

USB-C対応マルチハブ「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CM1」を買った感想
先日、パソコンをMacBookProに買い換えたのですが、新型のMacBookPro(2016年発売モデル)ではUSB3.0が撤廃さ...

USB Type-C=USB3.1ではない

USB Type-CとUSB3.1は同時期に発表された規格であるため、USB Type-C=USB3.1と思っている方が多いです。しかし、USB Type-CのすべてがUSB3.1の対応製品ではないです

例えば、Apple社の「MacBookPro」はUSB Type-Cで「USB3.1」を採用していますが、HP社の「HP Pavilion x2 10-n000」は同じUSB Type-Cでも、「USB2.0」を採用しています。USB Type-Cを購入する時には注意してください。

参考 USB Type-Cとは?

micro-USB

microusbtypebのコネクタ

Androidのスマホなどで採用されているUSBコネクタです。micro-USBはmini-USBの後継として開発され、mini-USBの欠点であった「1000回程度のケーブルの抜き差しによる破損」という欠点が解消されました。

micro-USBは、mini-USBと比べて耐久性に優れて、小さくて安いという特徴からmini-USBのシェアをどんどん奪っていきました。

参考 mini-USBやmicroUSBのA、Bの違いは?USB事情と全規格解説

Lightning

lightningケーブル

LightningはApple独自の規格です。LightningはiPhone5以降で採用されており、裏表を気にせずに使える(リバーシブル)ことが一番の特徴です。

iPhoneを使っている方にとっては馴染みのあるUSBの規格かと思います。

iPhoneのLightningUSBとUSB-Cは別物

lightningとtypecの違い

よく混在されがちですが、LightningUSBとUSB-Cは全くの別物です。両方ともリバーシブルであることは同じですが、USB Type-Cの方が電源供給も可能であるなど、性能が高いです。

参考 USBとは?|サンワサプライ株式会社

スポンサーリンク
広告
広告

この記事が気に入ったらシェアしてください

もし良かったらフォローしてください