VoLTE対応SIM・マルチ対応SIMって何?au系格安SIMの基礎知識

VoLTE対応SIMカード 格安SIM
スポンサーリンク

au系の格安SIMである「mineo」や「UQ mobile」に乗り換える場合、SIMカードの種類を選択する必要があります。

 

au系のSIMカードは「VoLTE対応SIM」と「VoLTE非対応SIM」の2種類があります。また、UQ mobileで格安SIMを申し込もうとすると、「マルチ対応SIM」という単語も出てきます。

 

これらの「VoLTE対応・VoLTE非対応のSIM」と「マルチ対応SIM」を正しく理解していないと、端末が電波をキャッチできず、SIMフリー端末を追加で購入等の余計な出費に繋がってしまいます。

 

そこで本記事では、au系の格安SIMへの乗り換えを失敗しないために、以下2点についてご説明します。

  • VoLTE(ボルテ)対応SIMとは?非対応SIMとの違いは?
  • マルチ対応SIMとは?
  • mineoやUQ mobileでVoLTE対応SIMが使える端末の条件は?

私は「mineo」も「UQ mobile」も両方とも利用してきました。これから「mineo」や「UQ mobile」に乗り換えようかなと思っている方の参考になれば幸いです。

ちなみに私は今、UQ mobileを利用しております。UQ mobileは一番おすすめできる格安SIMだと思っていますので、是非参考にしてみてください。
参考 格安SIMを4年使ってわかった!最もおすすめの格安SIMはUQモバイル
スポンサーリンク

VoLTE対応SIMとは?

VoLTE対応SIMのVoLTE(ボルテ)とはVoice Over LTEの略で、LTE回線を用いた高音質通話のことです

VoLTE対応SIMの特長

  • 従来よりもクリアな音声通話が可能
  • 通話中でもインターネット接続が可能

参考au VoLTEの特長

 

通常のSIMカード(VoLTE非対応SIM)では、通話中にインターネットを閲覧することはできませんでした。VoLTE対応SIMでは通話中でもインターネットができるようになりました。

(とはいえ、電話しながらインターネットを行うというシーンは限られてきますよね。)

 

また、VoLTE対応SIMは音声通話の時にLTE回線を利用して高音質通話を実現するというものです。そのため、インターネットの速度は通常のSIM(VoLTE非対応SIM)と変わりません

 

VoLTE対応SIMとVoLTE非対応SIMの違い

通常のnanoSIM(VoLTE非対応SIM)は黒色のカードになっていますが、VoLTE(ボルテ)対応SIMは、灰色やオレンジが使われたカードになっています。

 

nanoSIMカード

auのnanoSIM

 

VoLTE対応SIMカード(サイズはnano)

VoLTE対応SIMカード

 

マルチ対応SIMとは?

マルチ対応SIMとは、VoLTE対応SIMと同じです。

 

UQ mobileがVoLTE(ボルテ)対応SIMのことを「マルチ対応SIM」と呼んでおり、マルチ対応SIM=VoLTE(ボルテ)対応SIMということです。

(mineoではそのまま、VoLTE(ボルテ)対応SIMと呼んでいます。)

 

mineoやUQ mobileでVoLTE対応SIMが使える端末の条件は?

mineoやUQ mobileのVoLTE(ボルテ)対応SIMは使用できる端末が限られており、2つの端末条件を両方満たす必要があります。

 

以下2つの条件を両方クリアしていない端末に、VoLTE(ボルテ)対応SIMを差し込んでもずっと圏外になってしまいますので、ご注意ください。

  1. mineoやUQ mobileのVoLTE対応端末であること
  2. SIMロック解除されている端末であること

 

mineoやUQ mobileのVoLTE対応機種であること

まず、1つ目の条件としてVoLTE(ボルテ)対応SIMを購入する会社(mineo/UQ mobile)にて、VoLTE対応SIMにおける動作確認端末となっていることです。

 

mineoではこちらから、UQ mobileではこちらから、動作確認端末が確認できます。

 

SIMロック解除されていること

2つ目の条件は端末がSIMロック解除されているということです。

 

auのSIMロック解除は以下2つの条件を満たしていればOKです。

  • 2015年5月以降に発売されたSIMロック解除対応端末であること(詳細はこちら
  • 機種購入日から181日目以降であること

 

ちなみに、auの場合のみ、契約者本人でなくてもSIMロック解除が可能です。そのため、中古スマホであってもSIMロックを解除することができます。

 

なお、中古スマホのため端末購入日がわからないという場合でも、auのこちらのサイトから「SIMロック解除可否およびいつから解除できるか」がわかります。

2018/1/5追記
auのSIMロック解除の条件が変更されて、契約者本人しかSIMロック解除ができなくなりました。詳細はこちらの記事を参考にして下さい。

 

mineoやUQ mobileのVoLTE対応SIMを選択する際の注意点

 

docomoやsoftbankのVoLTE対応端末をSIMロック解除しても使えない場合がある

docomoやsoftbankのVoLTE対応端末でもSIMロック解除したら、mineoやUQ mobileでも使えそうな気がしますよね。(だって、ロックを解除してるんだから!)

 

しかし、docomoではVoLTE対応端末になっているのに、mineoではVoLTE対応端末にはなっていないなどにより、docomoやsoftbankのVoLTE対応端末をSIMロック解除してもmineoやUQ mobileでは使えない場合もあるそうです。

参考  Volte SIMで痛い目を見ました。端末選びには要注意!

 

docomoにはdocomo用のVoLTE機能があるらしく、SIMロック解除されていても、au系のUQmobileやmineoのSIMが使える保証はできないそうです。

 

そのため、端末条件の1つ目でも書きましたが、mineoやUQ mobileの動作確認端末一覧に、使用予定の端末が含まれているかを確認してください

 

高音質通話となるのは相手もauのVoLTE対応端末の場合のみ

VoLTE対応SIMを利用していても、高音質通話ができるのは、相手もauでVoLTE対応端末を使っている場合のみです

 

相手がVoLTE対応端末を使っていても、回線がdocomoの場合は高音質ではなく、従来の音質での通話となります。

 

auの公式ホームページでも以下のように紹介されています。

au VoLTE対応機種同士(auの4G LTEエリア内)の場合、高音質通話となります。その他の場合は、従来の音質相当での通話となります。

出典au VoLTE(ボルテ)の特長

 

VoLTE対応端末に使えるのはVoLTE対応SIMのみ

ここまでの注意点を見ると、

とりあえず、これまでのSIM(VoLTE非対応SIM)を選べばいいんじゃないの?

と思う方もいらっしゃると思います。

(私もそう思っていました。。。)

 

ところが、VoLTE対応端末にはVoLTE非対応SIMが使えないのです。VoLTE非対応端末にはVoLTE対応SIMは使えません。

 

そのため、使用予定の端末がVoLTE対応SIMを使えるのか、使えないのかをしっかり確認した上でSIMカードの種類を選ぶ必要があります。

参考  au VoLTE(ボルテ) SIMカードってなに? Volte端末を分かりやすく説明

 

まとめ

今回のVoLTE(ボルテ)対応SIMに関する記事をまとめると、以下3点となります。

  • auのVoLTE(ボルテ)対応SIMとは、高音質通話ができるSIMのこと
  • マルチ対応SIMはUQ mobile独自の呼称であり、VoLTE対応SIMと同じ
  • 格安SIMのVoLTE対応SIMが使える端末は、「SIMロック解除済みであること」と「格安SIMの動作確認済み端末であること」の両方を満たす必要がある

 

格安SIMを購入する際、SIMカードの形状は必ず選択する必要があります。上記3点をしっかり理解していただければ、追加の端末購入等にもならないようにしてくださいね。

コメント