この記事が気に入ったらシェアしてください

赤ロム端末に要注意!白ロム端末の購入方法と注意点

この記事が気に入ったらシェアしてください

白ロム端末でiphone6を購入しよう

「格安SIMに乗り換えたいけど、端末も新しいのに買い換えたい。でも、SIMフリーの端末は高いなー」なんて思っている方、そんな方には白ロム端末がおすすめです。

白ロム端末は、SIMフリーの端末よりも安く購入することができ、さらに格安SIMに乗り換えることもできます。もちろん、iPhoneなどの人気機種も購入可能です。ただ、白ロム端末を購入する時は赤ロム端末に注意する必要があります

今回は「白ロム端末とは何か」「白ロム端末の購入方法」に加えて、「購入時の注意点および赤ロム端末とは何か」等についてご紹介します。

なお、私も白ロム端末(iPhone6s)を購入して格安SIMに乗り換えました。SIMフリーのiPhoneよりも3〜4万円近く安く購入しており、非常に良い買い物ができました。詳細は以下の記事をご覧ください。

一番安くiPhoneを使うならauの白ロム端末とUQmobileがおすすめ
iPhoneは未だに根強い人気があり、日本ではスマホユーザの約50%の方がiPhoneを使用しているそうです。(参考記事はこちら) ...
スポンサーリンク
広告

白ロム端末や赤ロム端末って何?

白ロム端末とは

白ロム端末とは簡単にいうと、SIMカードが抜かれた状態の端末のことです。SIMカードには契約情報が記録されていますので、元々docomoやauで契約していた端末からSIMカードを抜いた状態のもの(契約を解除したもの)です。

ここで大事なこととして、docomoで契約していた端末であれば、docomoのSIMもしくはdocomoの回線を使った格安SIMを差し込むことで、通常の携帯電話として使用できます

最近の格安SIMのほとんどがdocomoの回線を使っています(OCNモバイルやIIJ等)。そのため、docomoの白ロム端末を購入すれば、ほとんどの格安SIMが使えることになります。

これだけ聞けば、「白ロム端末を買えば、格安SIMに簡単に乗り換えられる!」と思われるかもしれません。ただ、ここで注意しないといけないのが、赤ロム端末の存在です。

赤ロム端末とは

赤ロム端末とは、SIMカードでの通信(モバイル通信)が使えない状態であったり、「おまかせロック」で端末にロックがかかった状態の端末のことです。

赤ロム端末の場合、モバイル通信が使えない=格安SIMが使えないということです。そして、購入時は白ロム端末であっても、ある日突然、赤ロム端末になってしまうことがあります

一度赤ロム端末になると、もう二度と白ロム端末には戻せない

赤ロム端末になってしまう理由は、「前契約者が支払いを滞らせた」や「不正に入手した端末であった」等、様々です。

一度赤ロム端末になってしまうと、もう二度と白ロム端末には戻せないそうです。(ただし、おまかせロックがかかった場合はdocomoショップにお願いすれば対処してくれる場合もあるそうです。詳しくはこちらの記事を御覧ください。)

ただし、赤ロム端末になっても、Wi-Fi通信はできます。あくまで携帯の回線(格安SIM等)が使えなくなるだけです。

もし、赤ロム端末になってしまった場合は、家のインターネットに繋げて通信するか、WiMAXなどのルータを持ち運んで外でも使えるようにする程度になってしまいます。

白ロム端末を購入する際に注意すること

ここまでの話で白ロム端末を購入する時に一番気になるのが、白ロム端末が赤ロム端末にならないか?ということだと思います。

ただ残念ながら、白ロム端末が赤ロム端末になるかどうかを確実に見分ける手段はないです。どんな白ロム端末でも赤ロム端末になってしまう可能性はあります。

そこで、白ロム端末を購入する時に確認すべきことはたった一つです。

赤ロムの永久保証をしているか

です。

たまに、「docomoのネットワーク携帯利用制限電話機確認サイト」で○判定や△判定が表示されれば、OKという記事を見かけます。

ただし、○判定だったものが急に×判定(赤ロム端末)になるケースもあるようですのでご注意ください。詳細はこちらの記事を御覧ください。

白ロム端末は赤ロムの永久保証しているショップで購入

赤ロムの永久保証とは、「万が一、赤ロム端末になってしまった場合、購入から何年経っていても、別の白ロム端末に交換してくれる」というものです。

購入当時は白ロムだったのに、いつまにか赤ロムになったなんてことは、ありえることです。もちろん、売り手のお店もそうなることを想定しきれません。

ムスビーで白ロム端末を購入する場合に気をつけること

ムスビーの画面

最後に、中古ケータイ・スマホ売買の「中古スマホ・白ロム専門フリマ/ムスビー」という大手通販サイトで購入する場合に気をつけていただくことをご紹介します。

ムスビーは楽天市場の中古ショップ版

中古スマホ・白ロム専門フリマ/ムスビー」は、楽天市場の中古ショップ版のようなもので、ムスビー自体は販売店ではなく、色んな販売店がムスビーにネット上のショップを出しているようなものです。

そのため、ムスビーで買う全商品が同じ赤ロム永久保証というわけではなく、お店によって赤ロム保証の内容が異なることを意識する必要があります。

赤ロム保証は、商品説明欄で確認する

実際に赤ロム保証をどのように確認するかですが、ムスビーにおいて赤ロム保証は、以下のようなアイコンだけで判断してはいけません。

赤ロム対応のアイコンだけで判断しない

お店ごとに赤ロム保証の内容が異なるため、しっかりと商品説明欄を確認して永久保証と書かれている商品を選ぶ必要があります

また、商品説明欄にも記載がない場合は、実際のお店に問い合わせしても良いと思います。

赤ロム端末の永久保証が明記されている商品

まとめ「赤ロム永久保証の白ロム端末は買ってもよし」

白ロム端末は、格安SIMに乗り換えることができて、さらに安く新しい端末が入手できるため、かなりお買い得だと思います。

ただし、購入時に、端末が赤ロム永久保証しているかだけを注意して白ロム端末を購入してください。

スポンサーリンク
広告

この記事が気に入ったらシェアしてください

もし良かったらフォローしてください

スポンサーリンク
広告