【超簡単】WordPressのビジュアルエディタ(Gutenberg)を元のエディタに戻す方法

wordpress_gutenberg WordPress

WordPressのバージョン5.0から標準搭載されるエディタがGutenberg(グーテンベルク)になりました。

 

このGutenbergは前のエディタからデザインや操作性が大きく変わりました。

 

前のエディタの方が使い慣れているという方は、「前のエディタの方に戻したい!」と思うのではないでしょうか。

 

そこで今回は、

  • 新しいエディタ「Gutenberg」とはどんなエディタか?
  • 前のエディタに戻す方法

についてご紹介します。

WordPressの新エディタ「Gutenberg」とは?

wordpressのgutenbergのエディタ

Gutenberg(グーテンベルク)とは、WordPress5.0から利用できるようになった新しいビジュアルエディタのことです。

 

Gutenberg(グーテンベルク)という名前の由来は、活版印刷技術を発明し、ルネサンスの拡大に寄与したとされる「ヨハネス・グーテンベルク」という人物からきています。

 

Gutenbergの特徴

Gutenbergは見た目だけでなく、機能や使い方が以前のビジュアルエディタから大きく変わりました。

 

Gutenbergの主な特徴は、ブロックというツールが追加されたことです。ブロックの特徴は、WordPressの公式ホームページで紹介されています。

ブロックを使うと、わずかな技術知識だけでマルチメディアコンテンツの挿入、並べ替え、スタイル設定ができます。カスタムコードを使う代わりに、ブロックを追加してコンテンツ作成に集中できます。

引用 WordPress

 

ただ、この新しいブロックなども含めて、旧エディタに慣れていた人がGutenbergに移行すると、「ブロックの使い方がわかりづらい」とか「改行したのに反映されていない」等々、慣れていなくて使いづらいなと感じる部分があると思います。

 

私自身もその一人で、Gutenbergを使いこなすのに時間がかかると思ったので、旧エディタに戻そうと考えました。

 

超簡単!Gutenbergから前のエディタに戻す方法

Gutenbergから前のビジュアルエディタに戻す方法は、超簡単で「Classic Editor」というプラグインをインストールするだけです。

 

以降、Gutenbergのエディタを前のエディタに戻す手順についてご紹介します。

Classic Editorのインストール・有効化

プラグインの新規追加から「Classic Editor」をインストールして、有効化してください。

classiceditor

 

これで、作業は完了です。あとは、投稿の編集画面を見れば、前のエディタ(クラシックエディタ)に戻っていることがわかります。

 

ちなみに、この「Classic Editor」というプラグインはWordPress ContributorsというWordPressの正式な団体から提供されているプラグインですので、WordPressとの互換性もバッチリです。

 

Gutenbergと前のエディタを簡単に切り替える方法

「普段は、前のエディタを使うけど、新しいエディタのGutenbergも練習しておきたいな」という方のために、「Gutenbergと前のエディタ(クラシックエディタ)を簡単に簡単に切り替える方法」についてもご紹介します。

 

まずは、「プラグイン」>「インストール済みプラグイン」から「Classic Editor」の設定を選択してください。

classic editorの設定変更方法

 

すると、投稿設定をする画面が表示されます。

Classic editorの投稿設定画面

 

ここで、「ユーザーにエディタの切り替えを許可します。」という選択で「はい」を選択します。

ユーザにエディタの切り替えを許可

 

すると、投稿画面の右端に「エディタ」が表示されて、「ブロックエディタ(Gutenberg)とクラシックエディタ(前のエディタ)」が切り替えられるようになります。

投稿画面でクラシックエディタとgutenbergを切り替える方法

 

まとめ

WordPress5.0から搭載された「Gutenberg(グーテンベルク)」を元のエディタ(クラシックエディタ)に戻す方法についてご紹介しました。

 

ちなみに、WordPressのテーマ「Cocoon」を使っているユーザの場合は、プラグインを導入せずに、Cocoonのテーマ設定から変更が可能です。詳しくは公式ホームページをご確認ください。

ブロックエディター(Gutenberg)を使用しないで旧ビジュアルエディターを利用する方法
投稿画面のGutenbergエディターを無効にして旧式のエディターで編集する方法です。

 

参考になれば幸いです。

WordPress

関連おすすめ記事

宜しければシェアをお願い致します
運営者プロフィール
jin

共働きの妻と子供3人の5人暮らしです。
「お金、時間、そして家族を大事にしたい」と考えるパパに少しでもプラスとなるよう情報発信しています。睡眠アプリ(SleepMeister)愛用者。ルンバ、ブラーバ、食洗機などの時短家電大好き。

jinをフォローする
ぱぱたす(PaPa+)

コメント